画像イメージ

ここからページの本文です

博物館学課程の概要

本課程の特徴

実践女子大学の博物館学課程は、学芸員資格を取得するための課程です。本学の文学部美学美術史学科との関連が深く、女子大学のなかでは長い歴史を持ち、充実した授業をおこなってきました。2年次の終わりからガイダンスが始まり、学生一人一人に対応した細やかなフォローをおこなっています。

授業では主に美術館や美術展覧会の歴史や現状、学芸員の仕事について学びます。3年次の学内実習で作品の扱い方を学び、4年次には実際に学外の美術館や香雪記念資料館などでの学外実習を体験します。

学外実習は1週間程度集中しておこなわれます。学芸員の方々の仕事を間近で見ることができる大変貴重な機会です。
また講義科目も、美術館学芸員や経験者によって担当されているので、美術館の仕事を一層身近に感じることができるでしょう。また美術館だけでなく、文化や美術に関わる仕事をめざす上でも役に立つ経験を得られるでしょう。

なお、博物館学課程は、大学院生も履修し資格を取得することができます。

履修について

本課程の授業は、体験、参加を重視する課程であるため、受講生は、美術館などの活動に強い関心を持ち、最後まで意欲的に授業に出席することができる人に限られます。特に実習授業は、インターンシップの一環でもあり、実際の美術館などの機関にお願いして実施されため、課程では随時、詳しい指導をしています。

課程の登録についての説明は、2年次後期のオリエンテーションでおこないます。(編入生、大学院生へのオリエンテーションは4月初めにおこないます。)オリエンテーションやガイダンスの授業の無断欠席は認めないので、充分に注意して下さい。