画像イメージ

ここからページの本文です

ベスト・ティ—チング賞

 実践女子大学・実践女子大学短期大学部では、先進的な取組や、教育効果が高い取り組み等、優れた授業を実施している教員を顕彰し、その授業実践方法等を紹介することで、教員相互の授業改善を推進することを目的として、平成27年度よりベスト・ティーチング賞の表彰を行っています。

 これまでの受賞者は下記のとおりです。

平成29年度 ベスト・ティ—チング賞

 平成29年度は、学生の授業アンケートをもとに、総合満足度が高く特に優れた授業であると評価された以下の3名の教員が選出されました。
 今年度受賞された教員は、フリーコメント欄にも授業満足度の高さが伺える意見が多く記載されていることから、授業手法を工夫し、多くの学生に成長実感を与えていることがわかります。
 改めて、3名の教員に敬意を表するとともに、今後の活躍を心から応援いたします。

  • 島崎 あかね 准教授(生活文化学科)
    科目名「健康運動実習a」*平成29年度前期開講科目

     
  • 駒谷 真美 教授(人間社会学科)
    科目名「メディア社会論」*平成29年度後期開講科目

     
  • 上西 朋子 非常勤講師(大学教育研究センター)
    科目名「情報リテラシー基礎b」*平成29年度後期開講科目

     

平成29年度前期ベストティーチング賞に輝いた島崎先生による、特色ある実践の学びを紹介します。
(※授業の取材は平成30年度前期に実施しました。)
※平成29年度後期ベストティーチング賞に輝いた先生方は、平成30年度後期に掲載をいたします。
 

過去ベストティーチング賞に輝いた先生方による、特色ある学び

<平成28年度 受賞者>※授業の取材は平成29年度後期に実施しました。
  • 土屋 結城 准教授(英文学科)
    科目名「イギリス文学・文化講義c」*平成28年度前期開講科目
  • シュニッケル,ジェイコブ 准教授(言語文化教育研究センター)
    科目名「リスニング・スキルズ」*平成28年度前期開講科目
<平成27年度 受賞者>※授業の取材は平成28年度後期に実施しました。
  • 現代生活学科 野津 喬 准教授 「現代社会を読み解くb(生活と産業)」

文学部国文学科 山内 博之 教授
「日本語教育学演習a2」 

人間社会学部人間社会学科 松下 慶太 准教授
「情報リテラシー実践a」

大学教育研究センター 深澤 晶久 特任教授 
「グローバル・キャリアデザイン」

平成27年度後期にベストティーチング賞に輝いた先生方による、特色ある実践の学びを紹介します。
(※授業の取材は平成28年度後期に実施しました。)
   

平成27年度前期 ベスト・ティ—チング賞

<大学>
現代生活学科 野津 喬 准教授
「現代社会を読み解くb(生活と産業)」

<短期大学部>
日本語コミュニケーション学科 板倉 文彦 准教授 
「ビジネスリテラシー」