画像イメージ

ここからページの本文です

SLF育成プロジェクト

<設置期間>2017年4月1日~2018年3月31日
<プロジェクトリーダー>松下慶太(人間社会学科)
<テーマ>学生の主体性(アクティブラーニング)に関する取り組み

PBL型アクティブ・ラーニングにより学生の主体性を育成するために(A)SLF(Student Learning Facilitator)の育成プログラム、(B)多様性を確保するPBL教育プログラムの開発と実践を産学・学学連携含めた包括的連携により行うことで、本学がPBL型アクティブラーニング領域におけるひとつの拠点となることを目指す。

News