画像イメージ

ここからページの本文です

河野 龍也

河野 龍也

文学研究科 国文学専攻 准教授

河野 龍也(こうの たつや)

KONO Tatsuya

研究室
渋谷キャンパス 1305
専門分野・専攻
日本近代文学
教育研究情報
研究者情報データベースへのリンク別ウィンドウ

最近の研究テーマ等

芸術ジャンルの境界に関する研究(散文・韻文/文学・美術)
近代作家の紀行文(主に植民地)に関する表現論的研究
佐藤春夫の周辺資料に関する文献学的研究

主な担当授業と概要

近代文学基礎講読a

文学作品には意外とたくさんの地名が登場するもの。そこからどんなメッセージが読み取れるのでしょうか。古い地図を道案内にして、明治・大正の生活空間に踏み込み、定説に囚われない新しい作品の読み方を探ります。

近代現代文学史a

近代文学史の名作はなぜ名作なのか、どこが新しかったのかを自分で調べ・考えながら、文学史の知識とともに、作品研究の方法を身につけます。問題の立て方・考え方を具体的に示したワークシートを使います。

研究室・ゼミ紹介

卒業論文は大学生活の集大成です。論文を書くことはもちろん、最終的には孤独な、自分との戦いです。しかし、苦しい執筆作業を進める上で、同じ苦しみを共有するゼミ仲間が存在することは、何ものにもまして有難いことだと実感するでしょう。私のゼミでは、個別の面談とゼミ発表とを組み合わせながら、ゼミ生がお互いの研究や関心について知り、意見を交換し合うチームワークを重視します。研究対象は明治・大正・昭和・平成の日本文学全般で、テーマ選択は学生の希望をもとに、卒論で扱うにふさわしい形へと練り上げていきます。

受験生へのメッセージ

国文学(日本文学)は「人文科学」という科学の一分野です。ものごとをじっくり突き詰めて考えることは社会生活の基本です。その力をぜひ養いに来てください。また世界の交流が深まるなかで、日本に生活する者が、その土地の文化について語ることは、今後より多くの場面で求められます。国文学を学び、自信をもってそれができる人材を、社会は必要としています。