画像イメージ

ここからページの本文です

森川 希

生活科学部 食生活科学科 専任講師

森川 希(もりかわ のぞみ)

MORIKAWA Nozomi

研究室
日野キャンパス 本館267
専門分野・専攻
公衆栄養学、栄養疫学
教育研究情報
研究者情報データベースへのリンク別ウィンドウ

最近の研究テーマ等

生活習慣病の予防・改善を目的として、主に減量指導や減塩指導で用いるツールの効果的な活用方法を検証しています。

主な担当授業と概要

公衆栄養学a、b(管理)

わが国における公衆栄養活動の歴史、現在の健康・栄養問題及びこれらに対する取り組みの現状を知るとともに、適切な介入プログラムをマネジメント(計画、実施、評価、改善)するための理論や実践方法を学びます。

栄養疫学実習(管理)

本実習では、各種栄養政策や、食事療法を含む治療ガイドライン等の背景にある疫学研究を理解するとともに、自ら統計解析を行なう上での基礎能力を身に付けることを目的として、表計算や統計解析ソフトを用いて演習を行ないます。

研究室・ゼミ紹介

生活習慣病の予防をテーマに、様々な支援ツールや、介入方法の研究を行なっています。
平成25年度より、卒論生を受け入れています。
主に生活習慣病予防の観点から、食品や栄養素摂取量の現状について統計資料を用いて調査し、対策を考案します。また、塩分摂取量簡易測定器を活用した減塩指導に関する研究を行なっています。各自の空き時間を中心に、学生が自主的に時間を作って活動しています。

卒業論文題目

塩分摂取量簡易測定器による食塩摂取量のセルフモニタリングが減塩指導に対する意識に及ぼす影響
夜間尿を用いた食塩摂取量簡易測定法の誤差に及ぼすカリウム摂取量と夕食時刻の影響
糖類と健康

趣味・特技

趣味: ピアノ、音楽鑑賞、絵画鑑賞
   軽音楽部のOGでもあり、顧問をしています。
特技: 高速タイピング

受験生へのメッセージ

健康的な食生活を介しての疾病予防は、多くの人々にとっての関心事です。大学で専門家としての思考力を培いながらも、生活の中では一般市民としての視点を意識することで、適切な情報提供の在り方が見えてくると思います。そのためにも、大学入学後は、限られた時間を計画的に活用して、広い世界と人々に目を向けてください。「実践に来て良かった!」と思っていただけるよう、幅広く皆さんをサポートできればと思っています。