画像イメージ

ここからページの本文です

大関 啓子

大関 啓子

文学部 英文学科 教授、図書館長

大関 啓子(おおぜき けいこ)

OZEKI Keiko

研究室
渋谷キャンパス 1406
専門分野・専攻
イギリス文学・比較文化,下田歌子研究
教育研究情報
研究者情報データベースへのリンク別ウィンドウ

最近の研究テーマ等

中世ロマンス文学におけるケルト,学祖下田歌子の欧米女子高等教育視察の軌跡

主な担当授業と概要

イギリス文学・文化講義a

『現代表彰文化にみるアーサー・ロマンス』
ケルト世界の伝誦に起源するアーサー・ロマンスと総称されるロマンス群を中心に、文学・歴史・美術・そして現代の映画やコンピューター・ゲーム等、様々なジャンルから、「観て」「聞いて」広く鑑賞して理解を深める。そこには英国に限らず、西欧世界の様々な問題が反映されている。

中世イギリス文学・文化演習d

『カンタベリー物語』—中世イギリスに生きた人々—
初めての中世英文学を読み、その社会や文化を体験する。ジェフリー・チョーサーの 『カンタベリー物語』をとり上げ、その背景となる文化をふまえつつ、英文学における伝統と個性の問題を考える。                             

研究室・ゼミ紹介

中世から現代まで、イギリス文学・文化におけるケルトの影響を中心に毎年様々な専攻分野で、ゼミ生達が卒論に励んでいます。研究対象は皆それぞれ異なりますが、ゼミ合宿などで、お互いに影響し合い、助け合って研究をすすめています。

卒業論文題目

『カンタベリー物語』に見る中世イギリスの女性と家族
Le Morte D'Arthur—「異界」の役割についての一考察
The Chronicles of Narnia研究— The Chronicles of Narniaが持つ時間差
J.K.Rowling研究—Harry Potterに込められた想い
J.R.R.トールキン研究—言葉の効果について

趣味・特技

動植物との交流、特に乗馬は好きです。

受験生へのメッセージ

110年を超える伝統ある女子大ときくと、少々暗いイメージを連想するかもしれませんが、最新設備の超モダンな渋谷キャンパスで、皆、明るくなごやかな学生生活を送っています。初めて独り暮らしをする人も大丈夫!お互いを思いやり、助け合う優しさも、実践レディーへの必須条件のような気がします。