画像イメージ

ここからページの本文です

佐々木 渓円

生活科学部 食生活科学科 准教授

佐々木 渓円(ささき けまる)

SASAKI Kemal

研究室
日野キャンパス 本館305(公衆衛生学研究室)
専門分野・専攻
公衆衛生学、母子保健、小児科学

最近の研究テーマ等

1.健やか親子21(第2次)について
 母子の健康水準向上を目標とした国民運動計画である「健やか親子21(第2次)」について、取り組んでいます。特に、どの市町村で生まれた子どもでも、一定水準以上の保健サービスが得られるための乳幼児健康診査と保健指導の事業運営、健康情報の利活用などについて、取り組んでいます。

2.小児アレルギー疾患について
 食物アレルギーの「除去解除」に向けた患児や保護者の不安を軽減する取り組みや、ヒューマンエラー対策や保健医療情報の視点からもアプローチしています。

主な担当授業と概要

公衆衛生学

公衆衛生学を通じて優しさと強さを兼ね備え、倫理観を以って人格を陶冶しようとする態度を身につけ、卒業生が「すべての人が自分らしく生きられる社会づくり」に貢献できることを目指します。

感染と防御

食の専門職として身につけることが望ましい、代表的な感染症や生体防御機構、アレルギー学に関する知識を習得します。

研究室・ゼミ紹介

 学生の立場からは、公衆衛生学は「暗記科目」と感じてしまうことがあります。しかし、実際の公衆衛生学は、時代が求める課題に対応し、「女性が社会を変える、世界を変える」ための実践科学であり、対象集団・個人や他職種との協働により社会システムを創造します。特に、当研究室では産官学連携にも積極的に取り組み、次の2点を目指します。
1.障がいや疾病の有無にかかわらず、すべての人が地域社会の中で自分らしく生きられること。
2.「すべての子どもが健やかに育つ社会」を目指す健やか親子21(第2次)の目標を達成すること。

受験生へのメッセージ

 大学では「自分が学びたいから、テストがあるから勉強する」だけでなく、「修得した知識により、どのように社会に貢献するか考えて勉強する」と充実した学生生活が過ごせると思います。多様な経験や個性をもった教職員は、そのための支援を惜しみなく行います。皆さんが入学することを待っていますので、体調に気をつけて受験勉強を続けて下さい。