画像イメージ

ここからページの本文です

竹内 光悦

人間社会学部 人間社会学科 教授、情報センター長

竹内 光悦(たけうち あきのぶ)

TAKEUCHI Akinobu

研究室
渋谷キャンパス 1202
専門分野・専攻
統計科学、行動計量学、統計教育
個人ホームページ
https://sites.google.com/site/akitakephd/別ウィンドウ
教育研究情報
研究者情報データベースへのリンク別ウィンドウ

最近の研究テーマ等

統計的思考力を育成する統計教育、データサイエンス教育への情報端末の活用、学外イベントを活用したアクティブ・ラーニング、統計教育へのゲーミフィケーションの導入、公的統計を利用した授業開発、など。

主な担当授業と概要

社会調査概論

社会調査はあらゆる社会現象の解明に利用され、調査法の形態も様々あります。本講義では、社会調査を行なう際に実際に展開することになる一連の体系を踏まえ、社会調査全般の概念の習得を目指します。

社会科学データ分析

社会科学の研究においては、調査や実験により得られたデータの分析、検証が重要視されます。本講義では、実際にPC(SPSSを中心)を利用して、特に多変量データの実践的な分析スキルの習得を目指します。

研究室・ゼミ紹介

研究室では行動計量学をベースに人の行動を計量的に測り、データに基づく問題解決方法の開発・実施をテーマに研究を行い、これまで学内外の社会調査やデータ分析を実施してきました。またゼミ活動の中では学内の活動だけでなく、ビジネスインテリジュンスを意識し、スポーツデータやマーケティングデータのデータ分析コンペティションに参加したり、情報スキルの習得をめざし、情報関係の資格取得や就活を踏まえた数的論理問題の学習支援等をしています。

卒業論文題目

対人コミュニケーションが商品購入の意思決定に与える影響
若者の起業意識について
女子マネージャーの地位向上および意識改善
統計グラフが与える影響度分析
など

趣味・特技

映画鑑賞、体を動かすこと

受験生へのメッセージ

時間はあっという間に過ぎます。今を大切に過ごしましょう。