画像イメージ

ここからページの本文です

棚田 輝嘉

棚田 輝嘉

文学部 国文学科 教授

棚田 輝嘉(たなだ てるよし)

TANADA Teruyoshi

研究室
渋谷キャンパス 1304
専門分野・専攻
明治・大正・昭和・平成の日本の近代文学、および、近代文化に関する研究。特に文学作品の生成に関する研究や、近現代のポップカルチャーの意味や意義に関する研究。
教育研究情報
研究者情報データベースへのリンク別ウィンドウ

最近の研究テーマ等

1.文学作品の生成に関する研究=梶井基次郎など。
2.日本の流行歌の歴史と意味に関する研究=日本フォークソング史、演歌の歴史など。
3.日本人に通底する精神のあり様とその発現に関する研究=相田みつを。
4.日本マンガに関する研究=(1)日本における左開きマンガ本の収集と歴史研究。(2)世界の中の日本マンガという観点から、海外で出版されている日本マンガの収集と分析、海外で放送されている日本アニメの調査研究。
5.その他日本文学=樋口一葉・田山花袋・正宗白鳥・芥川龍之介・中原中也など。

主な担当授業と概要

近代現代文学研究d

なぜマンガがこれほど読まれるのか、マンガ表現の意味や価値とはなにか、文学表現とどのように違うのか、coolな文化としての世界におけるマンガの位置とはどのようなものか、といった点について、考えてみたい。

近代現代文学史ab

大学入試などで出題された文学史の問題を解くことで、文学史がどのように「作られている」のかなど、いくつかの方向から近現代文学の歴史を考えていきたいと思う。

研究室・ゼミ紹介

近現代の文学、及び、文化を対象として研究をする学生を受け入れている。その範囲は広く、1.明治〜昭和の文学者=夏目漱石・芥川龍之介・太宰治・小川未明・江戸川乱歩・川端康成・寺山修司、など。 2.現代作家=吉本ばなな・村上春樹・小川洋子・宮部みゆき・東野圭吾など。 3.双子論・変身譚・カニバリズムなどのテーマによる研究。 4.星新一のSF、マンガにおける妖怪の描かれ方、バトル少女マンガ論、アニメソング研究、ライトノベル、など、多岐にわたる。

卒業論文題目

(1)夢の深淵ー夢野久作作品の人々—
(2)ロココなココロー洋服から見る嶽本野ばら乙女論ー
(3)笑顔の奥に潜む闇ー宮崎駿が描く女性達ー
(4)太宰治研究—弱者の存在意義についてー
(5)村上春樹論—消える人、触れる人ー

趣味・特技

日本の左開きマンガ収集・BD(ベデ)収集・海外で出版された日本マンガ収集。

受験生へのメッセージ

言葉を使うのは人間だけです。言葉で考え・言葉で行動する。ということは、言葉を研究すれば人間とは何かが分かるはずです。そうして自分とは誰かということも。国文学とは、言葉話通して人間の本質と歴史を探ろうとする学問です。言葉に興味のある人、人間に興味のある人。そして、小説や詩が好きな人。さらに様々な表現者たち(マンガ・アニメ・歌・演劇など)に興味のある人、は国文学科で学ぶと楽しいと思いますよ。