画像イメージ

ここからページの本文です

山下 早代子

人間社会学部 現代社会学科 教授

山下 早代子(やました さよこ)

YAMASHITA Sayoko

研究室
渋谷キャンパス 1205
専門分野・専攻
応用言語学、社会言語学、異文化間比較語用論、第二言語習得理論、英語教育学
教育研究情報
研究者情報データベースへのリンク別ウィンドウ

最近の研究テーマ等

1.中間言語(学習者の学ぶ外国語)における語用論的能力の習得
2.教室談話におけるポライトネスの日英比較
3.語用論に見られる文法形式を通した日本語学習者の文法習得
4.日本人英語学習者のセルフアセスメントと英語能力における相関
5.変わりつつある言語表現の諸相(大丈夫ですか、は若者言葉か)−社会言語学の視点から
6.第二言語習得理論の知見を活かした日本語学習者への文法指導法の提案
*6に関しては、英国Greenwich大学Benati教授との共編で本を編集中。2016年に英国の出版社より出版(英語)予定。

主な担当授業と概要

英語コミュニケーションⅠ、英語コミュニケーションⅡ

授業のテーマ・目標
1)社会で起こっている様々な情報を英語で理解し、それについて自分の意見を英語で述べたり議論したりできるようになる。2)英語を通して異文化を理解し、国際人となるべき基礎力をつけ、自ら英語でコミュニケーションできるようになる。3)TOEICテストで高得点を目指し、就職時に自分の英語力を示すことができるようになる。

異文化理解

異文化コミュニケーションとは何かをコミュニケーションの基本概念を学びながら考えていく。異文化理解・国際理解を深めるために避けて通れない人権、環境、教育、言語などについて事例をもとに考えていく。具体的なトピック:世界の言語〜ワールド・イングリッシズ(World Englishes)、人権—米国公民権法案成立までの道のり、環境問題と異文化理解、教育—ユネスコ・学習権、世界の女性たち他。

研究室・ゼミ紹介

山下研究室のゼミは、応用言語学系・国際系(異文化コミュニケーション)のゼミです。ことばについて、特に状況を加味した話し手と聞き手のコミュニケーションの成立または不成立(ミス・コミュニケーション)について、なぜそれが起こるのかを深く追求します。特に語用論と呼ばれる学問分野について学びます。人は相手を傷つけまいと、あるいは不快感を与えないよう、無意識にことばを選んで会話のやりとりをします。そこにはどのような特徴があるのか、直接的に言うのとそうでないのとではどのように対人コミュニケーションが変わるのか、文化が異なるときコミュニケーションの方法は異なるのかそれとも共通性があるのか。そのような、人がことばを交わすときに起こるさまざまな可能性を考えていきます。研究の対象は、日常で起こる様々なことばの諸相、例えば職場でのやりとり(上司と部下、セールスマンと顧客等)、広告等で使われることば、女性と男性のことばの使い方の違いなどです。
 国際系のゼミとして、もう一つ、ことばを通して文化を考えることもまた本ゼミで力を入れているテーマです。異文化間比較語用論という研究を通して、異なる文化間でことばの使い方(謝罪や依頼、断り、褒め、あるいは敬意の表し方)は同じか異なるか、などについて考えていきます。3年生のゼミでは、海外研修を通して、実際に異文化体験をし、ことばの使われ方を考えます。

卒業論文題目

・「日本と韓国の英語学習法の違いについて」
・「日本の笑いの文化—ことばから分析する」
・「日本のアニメにおける日本らしさとは」
・「日本のコスプレに対する海外からの評価」他                              

趣味・特技

幼少の頃からバイオリンを弾いています。現在NPO日本アマチュア演奏家協会の会員で、年間10回位室内楽のコンサートに出演しています。2015年の活動—2月ハイドン弦楽四重奏 Op.76-2, 4月ツェムリンスキー弦楽四重奏、5月ハイドン「皇帝」、6月ブラームス六重奏、8月ドボルザーク弦楽四重奏 Op.34、カンタータ「幽霊の花嫁」、9月グヴィ弦楽五重奏、10月ドホナーニピアノ五重奏第2番、11月ドホナーニ「セレナーデ」、12月ベートーベン弦楽四重奏 Op.135

受験生へのメッセージ

大学は自主的に学ぶところです。入学したらすぐに、4年間で自分が学習すべき科目を、決められた規則に従ってどのように受講していけばいいのかを考えなければなりません。自分が今何をしたいのか、将来どのような自分になりたいのかを常に考えながら4年間を過ごすことになります。ただ言われた通りにするという受け身の態度では大学生となる意味がありません。大学はしかし学問だけがすべてでもありません。生涯にわたる大切な友を作り、サークルやボランティア活動などの社会に目を向けた活動を通して、自分自身の土台を作り自分を磨く、大事な4年間だと考えて下さい。人間社会学部は、大切なあなた自身を育成することを側面からサポートします。実践女子大学で、素敵なあなた自身を発見し、育てていきましょう!