画像イメージ

ここからページの本文です

横井 孝

横井 孝

文学研究科 国文学専攻 教授、文芸資料研究所長

横井 孝(よこい たかし)

YOKOI Takashi

研究室
渋谷キャンパス 1309
専門分野・専攻
日本古代後期の散文文学
(『源氏物語』を中心とする物語、『紫式部日記』『更級日記』などの日記文学)
教育研究情報
研究者情報データベースへのリンク別ウィンドウ

最近の研究テーマ等

『源氏物語』など平安時代物語文学の本文研究,br> (古典作品は原作者の原本が残っていません。現存する写本等の本文を検討し、作者の意図を探り、可能なかぎり原本を再建することや、各時代の読者がどのように享受したかを調べています)
平安時代物語文学の歴史的背景についての研究
1000年前の作品ですので、歴史的風土・文化・思想などが現在と食い違うことが少なくありません。現代の感覚を古典に持ち込まぬために、作品成立時代のそれら歴史的背景を復原するように努力しています)

主な担当授業と概要

国文学概論a

「国文学」の「基本」をめぐって学びます。実は「国文学」の根本はエンターティンメント。愉しみ・娯楽・遊びです。そのことを確認しつつ、愉しみも「基本」を身につける必要があるのです。

上代中古文学史b

『源氏物語』は平安時代の文学の最高峰であると同時に、その時代の文学・文化のエッセンスが込められています。『源氏物語』の全体像を追ってゆくとともに、その巨大な作品を作り上げている構造を分析してゆきます。

研究室・ゼミ紹介

『源氏物語』など「古典」と呼ばれている作品を中心に研究を進めています。「古典」は長い長い時間の経過による自然淘汰を勝ち残った力を持つものです。その力の源がいったいどこにあるのか、それをゼミの皆さんと探り出したいと考えています。

卒業論文題目

「竹取物語における「煙」について」
「『源氏物語』女性比較論—女三の宮と紫の上—」
「源氏物語と古代伝承—浮舟と処女塚伝承をもとに—」
「紫式部とその夫藤原宣孝」
「とりかへばや物語研究序説」

趣味・特技

将棋(5段の認定を頂いておりますが、過去のことなので、現在の実力ではありません)
音楽鑑賞(オーケストラのものを定番として、ピアノ・バイオリンの名曲をめぐって視聴しています)

受験生へのメッセージ

「国文学」は楽しめるもの。ただ、いくらでも深め究めることのできる分野でもあります。だから、エンターティンメントでありながら、なおかつ「研究」などという真理探究の道もあるのです。ご自分の嗜好を存分に味わうとともに可能性を試してみませんか。