ここからサイトの主なメニューです
ここからページの本文です

明珍恒男旧蔵日本美術院国宝修理資料

文庫構成

国宝の修理記録(仏像の部位、仏具、寺院建築の一部等のスケッチ、修理記録)868点で構成された資料群です。

本学所蔵の経緯

1985年、本学美学美術史学科設置に際して購入した資料群です。

集書者

明珍恒男(1882-1940)
大正、昭和前期の彫刻家。高村光雲に師事しました。1903年日本美術院第2部(のち奈良美術院)に入り、国宝仏像の修理一筋に生涯をおくりました。

所蔵場所

渋谷キャンパス図書館
  蔵書検索方法:和装本以外の単行書は本学の蔵書検索(OPAC)にて検索できます。

 ・冊子体目録はこちら

当サイト内画像その他の無断転載、転用を固く禁じます。

このページの上へ

ここからサイトの主なメニューです