下田歌子電子図書館 > 下田歌子ヒストリー > 下田歌子年表

年代

西暦

事     蹟

年令(数え)


元年

1854

岐阜県恵那郡岩村町に旧岩村藩士平尾蔵の長女として生まれる。

幼名せき(鉐)

1才

    

≪幼年期≫

和歌習作に励む。

  

 

 

 

 

3年

1870

蔵東京に出て、神祇官宣教掛となる。

17才

4年

1871

父のあとを追って上京し、祖父東条琴台に教えを受ける。また、和歌を加藤千浪・八田知紀に学ぶ。

18才

5年

1872

宮中に出仕。宮内省十五等に補せられる。

和歌の才能を愛でられ、皇后より歌子の名を賜う。

19才

≪青年期≫

和歌

  
12年

1879

宮中奉仕を辞す。

26才

13年

1880

旧丸亀藩士下田猛雄と結婚する。

27才

15年

1882

私立桃夭学校を創設して、上流子女の教育に当たる。

29才

17年

1884

夫下田猛雄歿す(5月)
宮内省御用掛を拝命し、華族女学校創設の事にあずかる。(7月)

31才

18年

1885

華族女学校開設。幹事兼教授に任ぜられ、校長事務を代行する。

32才

19年

1886

華族女学校学監に任ぜられる。叙正六位

「家政学」2冊を著す。

「国のすがた」刊行に与かる。

33才

20年

1887

「国文小学読本」・「和文教科書」を編著する。

34才

26年

1893

欧米各国女子教育状況視察のため、渡欧する。

40才

28年

1895

英国ヴィクトリア女皇に拝謁する。(5月)

視察を終えて帰朝する。(8月)・もみじの寄せ書

42才

29年

1896

常宮・周宮両内親王御用掛を拝命、ご教育の事に当たる。叙正五位。

43才

31年

1898

帝国婦人協会を組織し、その会長となる。

「普通礼式」・「料理手引草」を著す。

45才

32年

1899

帝国婦人協会付属実践女学校および女子工芸学校を、東京市麹町区元園町に開設し、その校長となる。5月7日を開校記念日とする。

「泰西婦女風俗」を著す。

帝国婦人協会機関誌「日本婦人」を発刊する。

46才

33年

1900

帝国婦人協会新潟支会を置き、付属新潟女子工芸学校(現在新潟青陵学園)を開設する。

「新選家政学」2冊を著す。

47才

34年

1901

愛国婦人会を設立する。叙従四位。

「家庭文庫」・「新題詠歌捷径」「少女文庫」を著す。

実践女学校にはじめて清国留学生1名入学する。

48才

35年

1902

愛国婦人会機関誌「愛国婦人」を発刊、「女子用文習字帖」・「子女教養全書」6冊を著す。

49才

36年

1903

東京府下渋谷町常盤松旧御料地二千坪を恩借し、実践女学校新校舎を建設、移転する。

癸卯園遊会開催。

「明治才媛歌集」を編著する。

50才

37年

1904

「女子自修文庫」5冊を著す。

51才

38年 1905

実践女学校に清国留学生部を設け、赤坂区桧町に分教場を置く。

52才

39年

1906

華族女学校廃止され、学習院女子部となったため、学習院教授兼女学部長に任ぜられる。叙正四位。

「女子の修養」を著す。

53才

40年

1907

学習院女学部長を辞任する。叙勲四等宝冠章。

清国奉天省より官費留学生23名の教育を委嘱される。他に私費留学生21名入学。以後大正3年まで清国各省より留学生を受入れ、90余名の卒業生を出す。

「欧文歌集」を編著する。

54才

41年

1908

実践女学校の全財産および私財を寄付して、財団法人帝国婦人協会実践女学校を設立し、理事に就任する。

実践女学校付属幼稚園を設立し、園長に就任する。叙従三位。

「衛生経済家事実修法」著す。

55才

42年

1909

「家庭の栞婦人文庫」を著す。

56才

43年

1910

「婦人常識の養成」を著す。

「ポケット女大学」を編著する。

57才

44年

1911

「女子三体消息文」を編著する。

「婦人礼法」を著す。

58才

45年

1912

「女子自修文庫」5冊完成する。

59才

 

 

 

2年

1913

「日本の女性」を著す。

60才

3年

1914

「礼法家事婦人修養十講」・「女子の修養」を著す。

61才

4年

1915

「家庭」を著す。

62才

5年

1916

「女子の礼法」・「結婚要訣」を著す。

実践女学校学友会誌「なよ竹」を発刊する。

63才

7年

1918

大日本婦人慈善会経営順心女学校の校長に就任する。

65才

8年

1919

滋賀県神崎郡五箇荘町淡海女子実務学校(現在淡海女子専門学校)設立に際し、その顧問となる。

66才

9年

1920

愛国婦人会会長に就任する。

67才

10年

1921

逓信省貯金局女子従業員の教育を目的として明徳女学校を設立し、校長に就任する。

愛国婦人会会長として、樺太および朝鮮・満州に出張する。

68才

12年

1923

関東大震災の惨害に対し、愛国婦人会および実践女学校を中心として、罹災者救援活動を展開し、年末におよぶ。

70才

13年

1924

愛国婦人会本部内に愛国夜間女学校を設立し、その校長に就任する。

「講義録国漢文篇・家政篇」実践女学校専門学部国文学会より逐次刊行される。

71才

14年

1925

淡海女子実務学校を継承して校長となり、実践女学校より教師五名を派遣する。

72才

15年

1926

淡海女子実務学校を昇格、淡海高等女学校と改称する。

大日本実修女学会から「実修女学講義録」を発刊する。

73才

 

 

 

2年

1927

愛国婦人会会長を辞し、同会本部顧問となる。叙勲三等瑞宝章。

74才

4年

1929

実践女学校に付属夜間女学校を設ける。

76才

5年

1930

淡海高等女学校の校長を辞す。

77才

6年

1931

帝大病院塩田外科に入院。手術をうける。

78才

7年

1932

「思ひ出の記」10篇を「愛国婦人」に寄稿する。

愛国夜間女学校校長を辞し、同校名誉校長となる。

実践女学校校庭に喜寿記念碑竣工し、祝賀式典を挙げる。[記録音声]

「香雪叢書」の刊行をはじめる。

79才

8年

1933

実践女学校三校合同秋季運動会。 記禄フィルム]

皇太子殿下 御命名式 御嘉辰に際して。
  
記録音声 13:04(17.9MB MPEG)  記録音声[抜粋] 1:06 (1.40MB WAV)

80才

9年

1934

「香雪叢書」全五巻完成する。

「源氏物語講義」首巻を刊行する。

81才

10年

1935

岐阜県恵那郡岩村町の生誕地跡に下田歌子顕彰碑成り、除幕式を挙行する。

82才

11年

1936

「源氏物語講義」第1巻を刊行する。

肺水症のため逝去。(10月8日)遺骨を東京都小石川護国寺墓地に埋葬する。

83才

12年

1937

実践女学校校庭に香雪神社建立され、鎮座祭を行う。

13年

1938

岐阜県岩村町乗政寺山に分骨墓地竣工、供養を行う。

小石川護国寺の墓域工事完成し、三回忌法要を行う。

※下田歌子の明治期の著作の大部分は、国立国会図書館近代デジタルライブラリーで閲覧できます。


創立100周年記念製作

Copyright(C) 1999, JIssen Women's University Library, Japan, All rights reserved 無断転載禁