画像イメージ

ここからページの本文です

僕の語学体験 ~いきなり英語漬け・・・~

生活環境学科
髙田 典夫 教授

画像イメージ

関西国際空港旅客ターミナルビルの設計チームに加わった僕は、日本にいながらにして、日常的に英語が公用語となる環境にはまってしまうことになりました。特別な英語・英会話の勉強をしたわけでもない僕の英語力はたかがしれていますが、それでも仕事上の会話には不自由はありませんでした。僕は中学校から英語の勉強を始めて、ごく一般的な日本人の受ける英語教育環境で英語を身につけてきたわけですから、普通に英会話が出来るようになるはずがありません。それがちょっとは英会話が出来るようになったのは、あることがきっかけとなって、一時期、いきなり英語漬けの生活を送ることになってしまったからなのです。

大学院を出るときに設計事務所に面接に行き、ウェーティング・リストに載せてもらえることになりました。ということは待っている間は無職ということになります。とりあえず、研究生として研究室においてもらおうと先生に相談したら「非常勤だけれども助手になりませんか」といわれました。断ることもないと思ったので「はい」といってから「なにをすればいいのでしょうか」とお聞きしたら「今度アメリカから客員教授として先生がいらっしゃるから、その先生のアシスタントをやりなさい」と、さらっといわれてしまいました。ちょっとあせって「でも英語なんてしゃべれませんよ」と言ったら「大丈夫ですよ、一週間も一緒にいれば話せるようになりますから・・・」と軽くいなされて、僕の助手就任はその場で決まってしまいました。

9月からの授業に備えて夏休みに「授業に間に合うように訳しておいてください」という手紙とともにA4版100ページ程度のテキストが送られてきました。この年の夏休みは、今までの不勉強を確認するかのような苦行となりましたが、それでもなんとか訳し終えて、先生の来日を待つことになり、僕の英語漬けの生活が始まったのです。
一週間一緒にいれば話せるようになりますというのは、ちょっと大げさでしたが、確かに一週間も一緒にいれば、少なくとも先生が話すことは理解することが出来るようになってきます。それもそのはず、朝から晩まで、授業は勿論、銀行に行く、人と会う、買い物に行く、食事に行く、など先生が行くところ全てについていって、通訳をしなければならないのですから、英語が出来るとか出来ないとかいう問題ではなく、とにかく何らかの形で伝えなければならないという状況なのです。

海外留学をしたこともないのに、英語漬けになる環境にいることが出来たというのは希な例かもしれませんが、この1年半の経験が英語に対するバリアを取り払ってくれました。きちんとした英会話を習ったわけではないので、どうにかこうにか意志を伝える程度ですが、とりあえず仕事上では困らない状況にはなりました。
というわけで、僕の実質上の英会話の先生は、上記のアメリカからいらっしゃった客員教授の先生ということになります。その先生は、今回、夏期語学研修の引率で滞在したシアトルのワシントン大学からいらっしゃった先生で、当然のことながらご退官されていらっしゃいますが、89歳にしてまだまだお元気で今回のシアトル訪問で久しぶりにお会いすることが出来ました。

英会話(外国語会話)は、その修得自体が目的ではなく、コミュニケーションの一つのツールですから、自分自身の中に伝えたいこと、学びたいことがなければ・・・とよくいわれますが、有用なツールを身につけることは大切なことです。僕のような「いきなり英語漬け」はどうかとは思いますが、海外語学研修のような機会を有効に利用して、まずはきっかけを作るということもいいのではないかと思います。