画像イメージ

ここからページの本文です

短大の留学制度

留学の種類

実践女子大学短期大学部の留学は協定校へ留学する「協定校派遣留学」、学生本人が自分で留学先を選定する「認定校留学」、その他卒業後に協定校へ編入する「協定校編入留学」、の3種類があります。

協定校派遣留学

本学と交流協定を結んでいる大学に派遣留学するプログラムです。現在、ストッツカレッジ(オーストラリア)、サンシャインコースト大学(オーストラリア)、ビクトリア大学(オーストラリア)、カピオラニ・コミュニティーカレッジ(アメリカ、ハワイ)リーワード・コミュニティーカレッジ(アメリカ、ハワイ)が対象となっています。学内募集・選考・学部教授会を経て、相手校の受入れ許可を持ってこれらの協定校へ派遣されます。

認定校留学

学生本人が自分で留学先の大学を選定、出願し、入学許可を取ってから本学に認定校留学の許可申請を申し出ます。学部教授会承認を経て、認定許可が下りた上で6か月以上留学することをいいます。

これらの留学制度は、本学に籍を置いたまま在学中に留学する制度で、いずれの場合も休学せずに留学でき、留学先で修得した単位は、その全部(または一部)が一定の条件の下に本学の卒業単位として認定されます。
(注) 上記の留学制度によらずに留学する場合は、休学して留学することになります。この場合、休学期間は在学年数に算入されず、単位認定の適用はうけられません。

協定校編入留学

実践女子大学短期大学部の協定校編入留学は、協定校の1つであるオーストラリア・サンシャインコースト大学の派遣留学(5か月留学プログラム)を終了すると、短大を卒業後に、同大学2年次に自動編入ができる制度です。

また、本学を卒業見込者または既卒者で、下記のいずれかのスコアを取得している学生も対象となります。
 IELTS・・・6.0以上
 TOEFL・・・iBT 80点(PBT 550点)以上
授業料その他、入学にかかる諸費用は全額自己負担となります。

学費

協定校派遣留学、認定校留学の場合、原則として留学中の本学の学費と留学先の学費を全学納入します。

短期大学部の協定校

2017年度現在の短期大学部の協定校は下記の6大学です。

  • オーストラリア    ストッツカレッジ(派遣留学)
  • オーストラリア    サンシャインコースト大学(派遣留学・編入留学)
  • オーストラリア    ビクトリア大学(派遣留学)
  • アメリカ(ハワイ)  カピオラニ・コニュニティーカレッジ(派遣留学)
  • アメリカ(ハワイ)  リーワード・コミュニティーカレッジ(派遣留学)

協定校留学の詳細

協定校派遣留学の概要、留学期間、時期・方法は以下の通りです。

オーストラリア/ ストッツカレッジ

画像イメージ

【留学の概要】
世界一住みやすい都市ランキング第1位、多国籍都市のメルボルンで、ホームステイしながら英語を学び、国際感覚を身につけます。ストッツカレッジ傘下のランゲージセンターで、「読む・書く・聞く・話す」の4技能を集中的に学び、徹底的な文法指導も受けられます。1クラスは18名までの少人数制です。語学習得に加え、研修後半には現地の小学校で日本語教師アシスタントのインターンシップを体験するユニークな留学プログラムです。学内でのイベントも多数あり、留学生同士の交流も盛んです。滞在はホームステイです。

【留学期間】2017年8月~2017年12月(2018年1月末帰国コースも選択できます)
【出願時期・選考方法】5月初旬に願書受付後,書類選考及び面接。
※各留学先により出願資格が異なります。詳しくは国際交流課までお問合せください。

アメリカ、ハワイ/ カピオラニ・コミュニティーカレッジ

画像イメージ

【留学の概要】
年間を通して温暖な、ホノルル市内にあるハワイ州最大の2年制大学です。人権や法律など様々な題材をテーマに、総合的に英語を学びます。プレゼンテーションやディスカッションなど参加型の授業が多く行われます。1クラスは20名までの少人数制です。レベル別の受講コースが数段階用意されています。正規科目受講が可能なコースに入った場合、取得した単位は短大卒業後、同カレッジに再留学の際、卒業単位の一部にカウントされます。滞在はホームステイです。

【留学期間】2017年8月~2017年12月
【出願時期・選考方法】5月初旬に願書受付後,書類選考及び面接。
※各留学先により出願資格が異なります。詳しくは国際交流課までお問合せください。

オーストラリア/ サンシャインコースト大学

画像イメージ

【留学の概要】
クイーンズランド州ブリスベンから車で約1時間、冬でも20℃程度の温暖な海岸沿いのリゾート地にある大学です。卒業生の満足度と教育の質において高い評価を得ている大学で英語を学びます。世界60か国から留学生を受け入れる国際色豊かな3年制大学です。1日5時間、週5日間を20週間受講する英語集中コースです。滞在は寮になる予定です。
【卒業後に大学へ編入する制度】
上記の5か月留学プログラムを修了後、短大卒業後に同大学の2年次に編入できる制度があります。

【留学期間】2017年8月~2018年2月
【出願時期・選考方法】5月初旬に願書受付後,書類選考及び面接。
 ※このプログラムには2年生の参加はできません。
※各留学先により出願資格が異なります。詳しくは国際交流課までお問合せください。

オーストラリア/ ビクトリア大学

画像イメージ

【留学の概要】
ビクトリア大学は、オーストラリアの公立大学です。留学生は全体の25%在籍しており、留学生に対するサポート体制が充実しています。多文化都市メルボルンで世界各国の学生と一緒に英語を学ぶことができます。授業はビクトリア大学オリジナルの英語教育プログラムを15週間受講します。また、大学には60以上のスポーツを中心としたクラブや国際交流イベントがあり、留学生も多く参加しています。滞在はホームステイとなります。

【留学期間】2017年8月下旬~2017年12月下旬
【出願時期・選考方法】5月初旬に願書受付後,書類選考及び面接。
※各留学先により出願資格が異なります。詳しくは国際交流課までお問合せください。

アメリカ、ハワイ/ リーワード・コミュニティーカレッジ

画像イメージ

【留学の概要】
ハワイ、ワイキキからバスで1時間半のパールシティーに位置し、広いキャンパスからはパールハーバーが望めます。留学後はプレイスメントテストを受験し、レベルに応じて4段階のクラスに分かれ、英語集中コースを受講するプログラムです(各クラス12名程度)。TOEFL-ITP500点(iBT 61点) あるいは英検2A保持者は、同カレッジの正規科目受講も一部受講が可能です。滞在はホームステイとなります。

【留学期間】2017年8月~2017年12月
【出願時期・選考方法】5月初旬に願書受付後,書類選考及び面接。
※各留学先により出願資格が異なります。詳しくは国際交流課までお問合せください。

単位認定について

認定される単位数は留学先、コースにより異なります。(上限はコースにより12~18単位までです。)但し、この単位数は本学の単位計算法及び認定基準によるものであり、留学先の大学で修得して表示された単位数と異なることがあります。
認定される科目の範囲は、原則として所属学科専門科目及び共通教育科目です。(但し、科目によっては認定されないものもあります。 )