ここからページの本文です

2018年度「女性リーダー育成塾」講座を実施しました

2018年11月14日

画像イメージ

画像イメージ

 実践女子大学は、昨年度に引き続き、講座「女性リーダー育成塾」を実施しました。これは、これからの企業や社会を変えていける女性リーダーの育成を目指し、本学の卒業生や、一般社会で働く女性を対象に2016年5月にスタートしたもので、2018年度は、春学期4講座、秋学期3講座を開講しました。

 女性の活躍とダイバーシティを推進するためには、まず個人・企業・社会が自らのマインドセットを変えなくてはなりません。日本ではいまだに女性の活躍の場が限定的で、上級管理職や役員の女性ロールモデルが少なく、女性リーダーとしてのキャリアを描けない女性が多いのが現状です。そんな状況にかんがみ、「品格高雅にして自立自営しうる女性の育成」という本学の教育理念を具現化し、これからの企業や社会を変えていける女性リーダー(上級管理職)の育成を本講座では目指しています。

 本年度の女性リーダー育成塾では、企業法務/企業労務、組織・人材マネジメントなど、春学期に実施されたベーシック科目群(全12回)に対し、秋学期はアドバンス科目群3講座「人事制度と人事浄化制度」「リーダーシップ理論を活用した部下指導」「コーチング」(全8回)を開講し、9名が受講しました。

 受講者からは、「ロールプレイもあり、実践的でとても勉強になりました。」「受講者のレベルに合わせ大変わかりやすくお話しいただきました。」「前期・後期、それぞれコンパクトな回数で内容は充実していました。」などの感想が聞かれました。

 参加した受講生には、本講座で学んだ経験を生かし、自分の力を信じてそれぞれの場所で輝けることを願っています。