ここからページの本文です

岩手県久慈市と連携協力に関する協定を締結しました

2019年03月05日

 実践女子大学・実践女子大学短期大学部(学長:城島栄一郎)と岩手県久慈市(市長:遠藤譲一)は、2月28日(木)久慈市役所において、包括的な連携協力に関する協定を締結しました。

 本学と岩手県久慈市とは、「まめぶ」と「お汁粉」を掛け合わせた「まめぶるこ」の商品開発が縁で連携を始め、東京で開催の「ふるさと甲子園」で本学学生が協力したことからその関係をさらに発展させることになりました。今後、互いの持つ資源を有効活用し、観光振興、産業活性化など、さまざまな分野において連携していきます。

<連携協力項目>
(1)教育に繋がる諸活動、共同事業、プロジェクト、共同研究等の実施・推進
(2)教育に繋がる諸活動、共同事業、プロジェクト、共同研究等に伴う関係者の交流
(3)甲及び乙の事業活動に係る課題解決に向けた相互の参画
(4)甲及び乙の事業活動に必要となる施設・会場等の提供
(5)その他、前条の目的を達成するために必要な事項

 なお、本学は、キャンパス所在地である東京都日野市および渋谷区、創立者生誕の地である岐阜県恵那市と協定を締結していますが、その他の自治体との包括的な連携協定は、今回が初めてとなります。

画像イメージ

固い握手を交わす遠藤市長(左)と城島学長(右)