ここからページの本文です

生活科学部生活環境学科元教授 高部啓子先生が日本家政学会功労賞を受賞しました。

2014年06月05日

画像イメージ

画像イメージ

画像イメージ

 一般社団法人日本家政学会では、毎年、家政学(生活科学)の進歩発展に顕著な功績のあった正会員・海外会員に対して、その功績をたたえて、日本家政学会賞を授与しています。

 学会賞の中の功労賞は永年にわたり家政学(生活科学)の発展,普及,教育に貢献した方に与えられる賞で、本学生活科学部生活環境学科元教授の高部啓子先生が平成26年度の受賞者として選出されました。

 高部先生は日本家政学会関東支部では幹事、監事、副支部長を歴任し、ご自身の研究活動の拠点である被服構成学部会でも役員、部会長の任を果たしております。また国際交流委員会でも委員や委員長を経験し、IFHE(国際家政学会)の評議員としてもご尽力し、国内外の家政学(生活科学)の進歩発展に貢献しました。


 授賞式は、5/23~25に開催された日本家政学会第66回大会の第2日目の5/24(土)に北九州国際会議場で行われました。