ここからページの本文です

男女共同参画の推進について

2015年05月25日

 実践女子学園は、創立者下田歌子の意思を受け継ぎ、建学以来一貫して女性の社会的な地位の向上と女性の社会進出のために尽力してきました。これをより一層力強く推進するため、2014年11月に男女共同参画推進室を設置、2015年3月には「実践女子学園 男女共同参画推進宣言」を制定いたしました。

<実践女子学 園男女共同参画推進宣言5つの柱>
1.男女共同参画社会の理念に基づいて教育を行います
2.女性の社会進出と男女共同参画を促進するための研究を進めます
3.男女が平等に意思決定に参加する学園をつくります
4.ワーク・ライフ・バランスを可能にする職場環境をつくります
5.ハラスメントのない学園をつくります

 またこのたび、男女共同参画推進室、下田歌子研究所、女性キャリア形成研究所共催の講演会「社会が変わる 女性が変わる」を開催することとなりました。男女共同参画、女性のキャリアをテーマに活動する3者が共同して行うはじめての企画です。なぜ日本では女性の社会進出が進まないのか、そしてどうしたら男女共同参画を実現することができるのか、政治学者の岡澤憲芙氏をお招きし、お話を伺います。

「社会が変わる 女性が変わる」
【日時】2015年5月30日(土)
    16:00 ~18:00(開場15:30)
【場所】実践女子大学渋谷キャンパス
    創立120周年記念館501教室(入場無料・事前申込不要)
【講師】岡澤 憲芙氏(早稲田大学社会科学総合学術院 元教授)
【主催】実践女子学園