ここからページの本文です

平成27年度後期ベスト・ティーチング賞について

2016年04月08日

 実践女子大学・実践女子大学短期大学部では、先進的な取組や、教育効果が高い取り組み等、優れた授業を実施している教員を顕彰し、その授業実践方法等を紹介することで、教員相互の授業改善を推進することを目的として、ベスト・ティーチング賞の表彰を行っています。

 平成27年度後期につきましては、全教員(非常勤含む)による全授業科目を対象とした授業アンケートの集計結果を基に選考を行い、下記3名の教員をベスト・ティーチング賞として表彰しました。

【平成27年度後期 ベスト・ティ—チング賞】

文学部国文学科 山内 博之 教授
「日本語教育学演習a2」 

人間社会学部人間社会学科 松下 慶太 准教授
「情報リテラシー実践a」

大学教育研究センター 深澤 晶久 特任教授 
「グローバル・キャリアデザイン」