ここからページの本文です

平成28年度ベスト・ティーチング賞について

2017年03月27日

 実践女子大学・実践女子大学短期大学部では、授業アンケートの結果に基づき、先進的な取組や、教育効果が高い取り組み等、優れた授業を実施している教員を顕彰し、その授業実践方法等を紹介することで、教員相互の授業改善を推進することを目的として、ベスト・ティーチング賞の表彰を行っています。

 平成28年度につきましては、下記2名の教員をベスト・ティーチング賞として表彰しました。

【平成28年度 ベスト・ティ—チング賞】

土屋 結城 准教授(英文学科)
科目名「イギリス文学・文化講義c」*平成28年前期開講科目

シュニッケル,ジェイコブ 准教授(言語文化教育研究センター)
科目名「リスニング・スキルズ」*平成28年前期開講科目

 なお、平成27年度後期にベスト・ティーチング賞を受賞した、山内博之教授(文学部国文学科)、松下慶太准教授(人間社会学部人間社会学科)、深澤晶久特任教授(大学教育研究センター)による授業実践を紹介するコンテンツを公開しました。
 特色ある「実践の学び」を、ぜひご覧ください。