画像イメージ

ここからページの本文です

教育効果測定研究所

所長

粟津 俊二(大学 人間社会学科 教授)

研究プロジェクト名称

能動的学習における成績評価項目・基準の作成

設置期間

2016.4.1~2019.3.31

研究課題(テーマ)

カリキュラム内外の教育活動による教育効果を測定する。特に、能動的学習において知識の修得以外の教育効果測定を目ざし、評価項目、評価基準等の作成、検証を行う。この中で、卒業生、企業等による要望・評価を、授業内容や評価項目・基準と比較し、カリキュラム等を検討する基礎資料ともする。

研究概要

①学内外における能動的学習の実施
②実施した能動的学習による学生の変化(教育効果)の質的、量的把握
③能動的学習の評価に関する情報収集
④外部機関、卒業生の意見、評価の収集
⑤評価項目の試作
⑥試作した評価項目による学生評価の試行、および評価項目の再検討
⑦学内外における能動的学習の改善及びカリキュラム全体の見直し
以上を達成目標として、能動的学習科目における教育ノウハウの収集と蓄積をしつつ、成績評価方法を順次構築していく。また、これらの成果をカリキュラム、授業改善の基礎資料としても利用していく。

活動報告

報告書