ここからサイトの主なメニューです

画像イメージ

ここからページの本文です

実践桜会について

実践桜会の成り立ちについて

画像イメージ

1901(明治33)年に、実践女子学園の母体となった女子工芸学校は第1期卒業生8名を社会に送り出しました。これが桜同窓会(現実践桜会)の始まりです。現在では約75,000人におよぶ会員を擁する同窓会組織として、会員相互の親睦をはかり、また一般社団法人として実践女子学園の事業を支援し、教育と文化の発展に資する事業を通じて、広く社会に向けた活動を展開しています。

桜同窓会から実践桜会へ

画像イメージ

1961(昭和36)年、桜同窓会は文部省(現文部科学省)管轄の社団法人として認可されました。その後、2000(平成12)年4月1日に組織名を「社団法人 桜同窓会」から「社団法人 教育文化振興実践桜会」へと変更し、広く社会に向けた公益性の高い事業を営む団体として、組織名と事業内容を変更しました。また、「社団法人 教育文化振興実践桜会」は2011(平成23)年4月1日より「一般社団法人 教育文化振興実践桜会」となりました。

連絡先

〒150-0011 東京都渋谷区東1-1-40
一般社団法人教育文化振興 実践桜会事務局
TEL 03(3407)7459
FAX 03(3499)0835
EーMAIL jissen-sakurakai-jim@forest.ocn.ne.jp

このページの上へ

ここからサイトの主なメニューです