画像イメージ

ここからページの本文です

環境への取り組み

ESCO事業への取り組み

本学日野キャンパスでは2009年に環境活動の一環としてESCO事業を取り入れ、施設設備の整備を行いました。
大学では、ESCO事業として、大学本館の冷暖房空調設備を熱源ボイラーから高効率の空冷ヒートポンプに変更する工事(本館棟省エネルギー化工事)を実施し、併せて照明設備の高効率化、空調機械の更新等により大幅な省エネルギー化を行いました。この事業は、国土交通省の既存住宅・建築物省エネ改修緊急促進事業に採択され、その補助金と東京電力の支援制度で実施されたものです。

【実施施設】
大学本館棟 冷暖房空調設備の熱源機器の更新(2009年~)

施設整備後の効果

キャンパス全体の「約20%」のCO2排出量の削減
※東京ドームの敷地内約3.7個分を植林することに相当

ESCO事業とは・・・

ESCO(Energy Service Company)は、省エネルギー対策に必要な技術・設備・人材・資金など包括的なサービス用いて、その効果を保証する事業。

※2010年に地球環境問題への配慮の意識が認められ、一般財団法人 ヒートポンプ・蓄熱センター様より特別感謝状をいただきました。

その他の取り組み

日野キャンパスは自然環境に恵まれた日野市に立地することもあり、様々な環境への配慮が行われています。

  • 自然エネルギー(ソーラーパネル)を利用し正門守衛室 受付窓口のLETライトの夕方以降の自家発電。
  • 燦広場などの透水性インターロッキングブロックによる舗装を行う。雨水を地下に涵元して日野の地下水を増やすことにも貢献。
  • グランド芝生の「順応的管理」。芝に拘らず、野草を含めた剪定管理。

など

上記以外にも貯溜した雨水の再利用や、ゴミの廃棄方法についてなど、新たな取り組みも検討しています。

  • 画像イメージ