画像イメージ

ここからページの本文です

日野市「企業の魅力PRレポート」

「日野市工業みえる化推進事業」の一環として、2012年度から日野市が発行している「企業の魅力PRレポート」の作成に協力しました。これまで以下の教員の研究動向の情報発信を行いました。

学科名

氏名

内容

Vol.1(2012年)

食生活科学科

小林幹彦 教授

サイクロデキストランの食品機能への応用研究 

食生活科学科

山田 茂 教授

サルコぺニアはミネラルの摂取(アスパラギン酸マグネシウムとアスパラギン酸亜鉛)で予防改善できる。

生活環境学科

槙 究 教授

心理学的アプローチを取ることで、感性的な事柄の裏付けを訴えることができます。

Vol.2(2013年)

食生活科学科

秋田 修 教授

各種醸造発酵微生物の探索と発酵食品への応用

食生活科学科

数野千恵子 教授

水で食べ物のおいしさが変わる

生活環境学科

塚原 肇 教授

シックス・シグマプロセスを応用したデザイン開発

Vol.3(2014年)

食生活科学科

秋田 修 教授

各種醸造発酵微生物を利用した発酵食品の開発

生活環境学科

牛腸ヒロミ 教授

アパレル、テキスタイル、家庭用品の消費性能の評価

現代生活学科

菅野元行 准教授

廃棄物系バイオマスによる地域自立型エネルギー社会の構築