画像イメージ

ここからページの本文です

生活科学部 食生活科学科

健康に過ごすための食事と運動の工夫

 日本人の寿命は男女とも世界に誇れるものとなり、近年は更に、健康で生きることのできる年齢、いわゆる「健康寿命」が重要視されるようになっています。健康で長生きをするためには、若い人も成人も高齢者もそれぞれ、食事と運動をどのように工夫するかが課題となります。現状では、食事の支度をする時間が十分に取れない事もあり、支度をしない、いわゆる中食主体の人も少なからずいます。また、高齢者は食事の好みが変わる人も多く偏食がちになります。運動を積極的に日常にとりたくても、どうしてよいかわからない人も多いと思われます。そこでこの講座では、一工夫する事により、おいしく健康的にも良い食事ができ、積極的に体を動かせるようになる、日常生活に取り入れて欲しいアイディアを紹介します。

【日時】2017年10月21日(土) 13:15~14:45
【会場】実践女子大学 日野キャンパス(日野市大坂上4-1-1)
    本館4F441講義室

「健康は毎日の食事から~くらしに生かす食事のヒント~」
 【講師】 加藤 チイ 准教授(実践女子大学 食生活科学科)

「元気に自分の足で歩くために~身体をみつめるセルフチェックと簡単運動~」
 【講師】 天尾 理恵 氏(東京大学医学部付属病院リハビリテーション部理学療法士 主任)

 ※申込み不要(定員200名)