画像イメージ

ここからページの本文です

生活科学部 食生活科学科

食生活を科学する 
-加工食品の温故知新-

食品加工は、食品をおいしくし、保存性を高めるだけでなく健康増進のためにも大きく貢献しています。特に発酵食品は健康に寄与するとして、高い評価を得ています。
本講座では発酵食品とは何か、その発展の歴史と最新の技術についてわかりやすく解説します。

【日 時】2018年10月6日(土)13:30~16:00

【会 場】実践女子大学 日野キャンパス(日野市大坂上4-1-1)
     本館441教室(13:15から開場)

【内 容】
「和食文化を支える発酵食品の効能」
 時間:13:30~14:30
 講師:秋田 修 教授(実践女子大学 生活科学部食生活科学科)

「チーズの歴史と日本で独自に発展したチーズ」
 時間:14:50~15:50
 講師:田中 穂積 氏(チェスコ株式会社 技術顧問) 

※申込み不要・入場無料。直接会場にお越しください。
※後援:日野市