ここからページの本文です

実践Webマガジン

Library Mate

図書館員の横顔

渋谷キャンパス図書館に、7月1日の人事異動で新しい職員が加わりました。
カウンターで名前を見たことがある!という方もいるかもしれませんね。
仕事にも慣れてきたところで、メッセージをいただきました。

【渋谷】寺師 香織

こんにちは。7月から渋谷キャンパスの図書館に勤務しています。

読書や映画鑑賞(ほぼ邦画)、水族館、博物館、美術館巡りが好きです。
本学国文学科を卒業後、研究室助手を経て、職員として入職してから教務課におりました。
初めての異動で図書館に配属となり、覚えることはたくさんありますが、
教務課とはまた違った面から学生のみなさんや先生方の支援ができるので毎日ワクワクしています。
7月から図書館の仕事に触れ、職員の方々が学生の興味を持ちそうな資料を選び、
様々なガイダンスを実施していることが分かりました。

資料検索の方法や論文の探し方など、在学中に受けておけばよかった、聞いてみたかったと思う内容ばかりです。
学生のみなさん、レポートや課題作成、卒業論文に取り掛かる前にガイダンスを受けてみてください!
きっと、受ける前と後では作成にかかる時間や内容が格段に変わりますよ。

図書館は、みなさんに利用されなければ意味がありません。資料も職員もそのために存在しています。
展示本などは普段本を読まない学生にも手に取りやすい、分かりやすいものを置くように心がけています。
まずは興味を持って手に取ってもらい、もっと読みたい、調べたいと思ってもらえるような仕掛けを
していきたいと思います。

大学4年間、短大2年間はあっという間です。その間に様々な分野の本を読み、知識や感性を磨いてください。
また、分からないことや困ったこと、気になったことなどがあれば、遠慮なく声をかけてください。
みなさんの声で、図書館は変化していきます。