常磐祭とは

実践女子大学・実践女子大学短期大学部の学生で構成する実行委員会が運営している学園祭です。
「常磐祭」の常磐という言葉には永久不変・常に変わらないことという意味があります。
大学設立当初、キャンパスが渋谷にあり、その地名が「常磐松町」であったことから「常磐祭」と名がつけられました。
その後、キャンパスが日野に移転され、平成26年度より、日野・渋谷の二校地となりました。
2021年度は、渋谷キャンパス(10/9,10)・日野キャンパス(11/13,14)で常磐祭を開催します。

第8回渋谷キャンパス常磐祭に寄せてご挨拶

ギリシア神話にイリス(Iris)という女神がいるのを知っていますか。イリスは、天地を「翔る」虹であり、疾速で知られていました。遠く離れた土地や海底までも瞬時に移動できるため、オリュンポスの神々に仲間入りして、ヘルメスと一緒に、ゼウスと正妻ヘラの意思を地上の人間に伝えるメッセンジャーになりました。イリスは、高い山や丘に聳える神殿と人びとの住む世界を「繋ぐ」架け橋になったわけです。そして、コロナ禍のまっただ中、メッセージを携えて、参加者を「繋ぐ」ために「翔る」のが常磐祭だとすれば、この「翔る」、「繋ぐ」という女神イリスは、古代ギリシアの神殿から現代の渋谷に、常磐祭に姿を換えてやってきたことになります。
コロナ禍の制約から、常磐祭では対面で来場者を「繋ぐ」機会は少なく、オンラインでの間接的な交流が多くなるかも知れません。でも、オンラインにも、参加する場所に縛られないという利点があります。日本中、いや世界中のどこからでも自由に参加できるのですから。対面でもオンラインでも、学生のみなさんの熱意と努力のメッセージを、リアルタイムで受け取り、存分に堪能できるのに変わりはありません。常磐祭は、同じ空の下にいるたくさんの人びとをメッセージで「繋ぐ」架け橋となるに違いありません。
常磐祭開催に至るまでの実行委員の皆さんと発表者のみなさんの労苦に敬意を表するとともに、常磐祭が現代の女神イリスになって、日本中、世界中を「翔る」ことを心から願っています。

実践女子大学 実践女子大学短期大学部 学長
難波雅紀

第8回渋谷キャンパス常磐祭、開催おめでとうございます。昨年に引き続きこのコロナ禍の中、実行委員会のメンバーによる情熱と努力に敬意を表します。
今年のテーマは「翔」。・・・・「翔」という字で思い浮かぶのは、大リーグで大活躍中の大谷翔平選手、嵐のメンバーの櫻井翔さんの「翔」・・・・なんて素敵なことばでしょう。
対面・オンラインのハイブリッドという新しい挑戦を試みての常磐祭を、私達同窓生は大変楽しみにしております。ハイブリッド開催により、今まで渋谷キャンパスに足を運ぶことができなかった遠くの地域の同窓生も参加できることは大変うれしいことです。実践桜会は常磐祭に協賛し、優れた作品を発表した団体・サークルには学術部門、芸術部門それぞれに桜会賞を、また、特別賞も贈呈しております。来年こそは、このコロナ禍が収束し、今まで通り普通に常磐祭が開催されることを祈念しております。
実践桜会は、これからもずっと常磐祭を応援し続けてまいります。

一般社団法人教育文化振興 実践桜会 理事長
鈴掛まゆみ

第8回渋谷キャンパス常磐祭の開催、おめでとうございます。
現下の世情にあって、実行委員会の皆さんを中心に大変な努力を重ねて準備を進め、今日の開催に至ったことに改めてお祝いを申し上げます。
この夏に東京オリンピックと東京パラリンピックが開催された直後であり、今年の渋谷キャンパス常磐祭はさらに印象深いものとなることでしょう。
実践女子大学・同短期大学部で日ごろ培った学びの成果を、先輩たちや先生方、保護者の方々をはじめすべての関係者に、余すところなく披露いただけるものと期待しています。これらを創り上げた経験の一つひとつが、皆さん自身のキャリアとなり糧となって、必ずや将来の生きる力に繋がると信じています。
鳥たちが大空に羽ばたくように翼を広げ、大きな視野を持って多くの皆さんと有機的に繋がり、少しばかりの勇気と明るい気持ちを持って、未来に向けて飛翔されることを願ってやみません。多事多難な昨今ですが、前向きな心で、諸事乗り越えていただきたいと思います。
さぁ、翔びましょう。その先に素晴らしい人生が待ち構えていることを信じて。

実践女子大学・実践女子大学短期大学部後援会 会長
和田泰彦

この度は第8回渋谷キャンパス常磐祭特設ホームページをご覧いただき誠にありがとうございます。新型コロナウィルスにより学生生活が制限されるようになり、2回目の常磐祭を迎えることとなりました。昨年度のオンライン開催を経て学園祭の在り方にも変化が生まれ、今年はどうする?そんなところから活動が始まりました。今までの常磐祭の伝統を守りつつ、新たな試みに対しても「まずはやってみよう」の精神で委員一同準備を進めてまいりました。一昨年は台風で1か月の延期、昨年は新型コロナウイルス感染拡大の影響で2か月遅れのオンライン開催、様々な常磐祭を経験してきたからこそ生み出すことのできた企画やコンテンツがございます。共通テーマの「Re:connect」、渋谷常磐祭テーマの「翔」には常磐祭が実践女子大学・実践女子大学短期大学部と、常磐祭に参加していただく皆様が繋がるきっかけになるようにという意味を込めました。実践女子大学・実践女子短期大学部の雰囲気を感じていただけますと幸いです。常磐祭を迎えるにあたり、多くの方々からの温かいご声援とご協力をいただいております。この場をお借りして厚く御礼申し上げます。
第8回渋谷キャンパス常磐祭をどうぞお楽しみください!

2021年度 常磐祭実行委員会 委員長
赤峰理子

この度は第8回渋谷キャンパス常磐祭特設ホームページをご覧いただき誠にありがとうございます。
2019年度は台風の影響により延期され、2020年度は新型コロナウイルス感染症の影響でオンラインでの開催となりましたが、2021年度の常磐祭は今までとは一味違う常磐祭を開催することとなりました。
新型コロナウイルスの影響により、各サークル団体の部員数も減少していく中、どの団体も各部員一丸となって準備してきた学園祭です。
今年の常磐祭も、各サークル団体の皆様や常磐祭に関わる皆様と共に、より常磐祭を盛り上げられるように精一杯努めてまいります。
最後になりますが、今年度も渋谷キャンパス常磐祭実行委員を含めた多くの方々のご協力のもと、この日を迎えられましたこと、心より感謝申し上げます。今後も新型コロナウイルスによる厳しい状況が続きますが、安全と健康にお気をつけてお過ごしください。

2021年度 学友会執行委員会渋谷キャンパス
委員長 佐藤幸音

本日は、第8回渋谷キャンパス常磐祭特設ホームページをご覧いただき、誠にありがとうございます。今年の渋谷キャンパス常磐祭のテーマは「翔」です。常磐祭では、文化部連合会に所属している部活、サークルも参加しています。昨年は、オンラインでも常磐祭を楽しんでいただけますよう、沢山の準備をし、感染症対策を徹底したことで、オンラインでの開催を無事に成功させることができました。各団体が工夫を凝らし、協力しながらチャレンジ精神の心を忘れないよう、努めていきたいです。そして、今年も常磐祭の成功を祈っています。そんな第8回渋谷キャンパス常磐祭を盛り上げていきたいと思います。よろしくお願いいたします。

2021年度 文化部連合会渋谷キャンパス 委員長
和田佳夏

第8回常磐祭はハイブリッド開催となりました。
沢山の方々にご協力をいただき、誠に感謝しております。
今年度の共通テーマは「Re:connect」となり、実践女子大学・実践女子大学短期大学部の学生、そして参加していただく皆様を一つに繋ぐという意味が込められています。未だ厳しい情勢ではありますが、一致団結し、これまで以上に歴史に残る常磐祭にしていきたいと思います。
体育連合会所属の部活、サークル、常磐祭に携わっていただく多くの方々が、これまで積み上げてこられた素晴らしい成果を大いに発揮していただけましたら嬉しい限りです。
皆様と創り上げてきたこの常磐祭を多くの方々に楽しんでいただけることを、心より願っております。

2021年度 体育連合会渋谷キャンパス 委員長
大野沙恵

常磐祭実行委員会紹介

渋谷キャンパス常磐祭実行委員会では常磐祭の企画・運営を行う委員会です。現在は114名の委員が所属しています。イベント・会計・企画・喫茶模擬・広報・渉外・渉内・装飾に分かれて活動しています。詳しい各部署の紹介は渋谷キャンパス常磐祭の公式SNS(Twitter、Instagram)で発信しておりますのでぜひご覧ください。
今年度はハイブリット開催となり、例年以上に委員一同、協力して準備を進めることが必要となりました。オンライン上でのやりとりは苦労する点も多くありましたが、お互いに助け合いながら、準備を進めてきました。心をこめて準備を進めてきた常磐祭が多くの方に届くことを願っております。

受賞歴

学園祭グランプリ2018にて、特別賞の海外発信賞を国際観光学部の展示・発表・物品販売などが評価され受賞致しました‼
大学近辺の大使観光局や旅行会社の方の協力を得て、2020東京オリンピックに向けたセミナーや展示、ブースでは各国の名産品の販売を行い、来場者の方にも異文化の体験を提供しました。また、多数の学部が協力した英語力向上プロジェクトも高く評価されました。