ここからサイトの主なメニューです

開館カレンダー

  • 通常
  • 延長
  • 短縮1
  • 短縮2
  • 短縮3
  • 休館

日野キャンパス

詳細はこちら

渋谷キャンパス

詳細はこちら

向田邦子文庫

詳細はこちら

ここからページの本文です

沿革

1928年 当時の渋谷キャンパスに4階建鉄筋校舎の陞勲記念館が竣工。3階に初めて図書館としての施設が誕生。蔵書数1万冊程度。

陞勲記念館陞勲記念館(図書館は3階)

閲覧席閲覧席(150平方メートル)

書庫書庫(耐震耐火性、82平方メートル)

1945年 戦災によって学園の建物も大半が焼失し、図書館は全焼。焼け残った校舎の第1館、第2館を臨時図書室とした。

1947年 修復された図書館に移転。翌年には蔵書数約3万冊程度となる。

1948年 図書委員会規程が成立。藤井甚太郎教授が図書館長に就任。初めて図書館長の職名が用いられる。

1949年 初めて図書分類に著者記号を採用し、一部を除いて開架式システムに切り替える。

1956年 地上4階地下1階の図書館棟が落成。しかし図書館の専有面積は2階全フロアーと1階の館長室のみ。

図書館棟図書館棟

閲覧室閲覧室

積層書庫積層書庫

1965年 日野市大坂上の日野教養部キャンパスの開設に伴い、大学図書館教養部分室を設置。蔵書数約6万1200冊。

1972年 埼玉県松伏町に短期大学家政科家庭科コースを新設。それに伴い、短期大学図書室を開設。

1976年 埼玉県松伏町から日野市神明に短期大学が移転。翌年には図書館棟が完成。その後増改築を行う。

増改築前の短期大学図書館増改築前の短期大学図書館

増改築後の短期大学図書館増改築後の短期大学図書館

1985年 日野キャンパス(日野市大坂上)に地上2階、地下2階の図書館が完成。

日野キャンパスの図書館日野キャンパスの図書館

1994年 大学図書館・短期大学図書館機械化。図書館システム「情報館」を導入。

1995年 NACSIS-ILL参加。

1996年 短期大学図書館機械貸出開始。

1997年 大学図書館ホームページ開設。

1998年 大学図書館機械貸出開始。

1999年 短期大学図書館ホームページ開設。

2007年 図書館システム「E-Cats Library」に入れ替え。日野市立図書館との相互協力に関する協定を締結。

2014年 渋谷キャンパスの新設に伴い、大学・短期大学図書館の一部を移転。日野キャンパス(日野市大坂上)と渋谷キャンパス(渋谷区東)の2キャンパスとなる。また、短期大学の名称変更に伴い、「実践女子大学・実践女子大学短期大学部図書館」となる。

参考文献:『実践女子学園100年史』実践女子学園100年史編纂委員会編集、実践女子学園、2001.3

このページの上へ

ここからサイトの主なメニューです