実践女子。この誇りを、社会に、世界に。実践女子学園は2019年、創立120周年を迎えます。 実践女子。この誇りを、社会に、世界に。実践女子学園は2019年、創立120周年を迎えます。

輝く実践の人たち 未来のワタシへのメッセージ Message for the future輝く実践の人たち 未来のワタシへのメッセージ Message for the future

  • 何事も挑戦することで自分の可能性広がる!
  • 努力が実らなくてもその経験を大事にしたい
  • 多世代の人との交流の輪を広げよう!
  • 自分に自信をもって、前向きに!
  • 自分の信じた道を突き進む!
  • 物事から逃げるより向き合う勇気を持とう
  • 1日1日を大切に。
  • 6年間の学びを活かして社会に貢献したい
  • 自分の可能性を広げよう!
  • 自分の進みたい道まっしぐら!
  • 自分が傷ついた分、人に優しくできる
  • 自分の事を理解してくれる人は必ずいるよ!
  • 目の前のことをコツコツと!
  • 笑顔を絶やさずに、根性を持つ!!
  • 食に関することを幅広く学ぼう!
  • はばたこう!優しく聡明な女性を目指して
  • 緩と急

More

創立者 下田歌子の想い Founder's Message

創立者 下田 歌子

「女性が社会を変える、
世界を変える」

実践女子学園の創立者下田歌子は、日本を代表する近代女子教育の先駆者です。
1882(明治15)年には、上流階級の女性を対象とした「下田学校」(後の「桃夭学校」)を開設します。その後、1893(明治26)年9月から1895(明治28)年8月まで、女性教育の視察のために、約2年間にわたって欧米8カ国を訪問します。この視察を通じて、下田はこれまで自らが担ってきた一部の上流階級のための教育以上に、一般女性を対象とした女子教育の重要性を痛感します。

そして、帰国から3年後の1898(明治31)年10月、下田は一般女性の地位の向上を目的として「帝国婦人協会」を結成し、翌1899年5月に、その最初の事業として実践女学校と女子工芸学校を設立します。これが本学園のはじまりです。
下田は、本学園設立に当たって記した「帝国婦人協会主旨」(1898年)において、アメリカの詩人、ウィリアム・ロス・ウォレス(William Ross Wallace 1819-1881年)の次のことばを引いて、学校設立の意義や自らの大志を広く世に問いました。「揺籃」をゆらす手、すなわち、女性こそが「天下」を動かすことができるというものです。

「揺籃(ようらん)を揺るがすの手は、もってよく天下を動かすことをうべし」

当時の女性の社会的な地位は押しなべて低く、その生活や労働は惨状を極めていました。そこで下田は、女性自らが「徳」を高め、「智」を進め、「実力」を養って実践躬行し、「自活の道」を立てる以外に、女性の社会的な地位を高める方法はないと考えます。そして、多くの女性たちにそうした力をつけさせたいと、女性のための学校の設立に向けて、並々ならぬ決意を固めます。

下田に女性のための学校設立の決意をさせたもの。それは、「女性こそが社会を動かす」という女性に対する深い信頼と期待であり、女性が持てる力を発揮することによってこそ、「善美」な国家・社会を創ることができるという強い信念です。下田は生涯にわたって、女性の力によって社会を変えることを希求し続けたのです。

下田が本学園を設立して120年。いまや女性の掌中にあるのは「揺りかご」だけではありません。下田が願ったように、今、女性たちは、それぞれが自らの力を発揮し、社会の様々な分野で活躍しています。そして、そうした女性たちの活躍が社会を大きく変えようとしています。
本学園はこれからも、創立者下田歌子の信念を受け継ぎ、「女性が社会を変える、世界を変える」という建学の精神に基づいて、女性たちがさらに活躍する社会を創るために貢献します。

※「揺籃(ようらん)」はゆりかごの意

メッセージ Chairman's Message

社会に貢献する
新しい学園へ

学校法人実践女子学園は、来たる2019年に創立120周年を迎えます。
学園は、近代女子教育の先駆者である下田歌子が、「女性が社会を変える、世界を変える」との信念の下、1899年に創立されました。
2019年5月7日に迎える創立120周年に向け、渋谷キャンパスへの2学部・短期大学部の移転、日野キャンパスの大規模改修を終え、これまでにも増して多岐にわたる教学改革を推進しています。また、学祖の事績を再研究、発信するとともに、女子大学として男女共同参画社会の実現に向け積極的に行動します。
皆様に新しい学園を実感いただけるよう、教育研究とともに社会に貢献する学園として邁進して参ります。

学園理事長
井原 徹

沿革 History

  • 下田女子教育の黎明 桃夭学校と欧米女子教育視察下田女子教育の黎明 桃夭学校と欧米女子教育視察
  • 実践女子の誕生 実践女学校設立と一般女子教育の実現実践女子の誕生 実践女学校設立と一般女子教育の実現
  • 試練と再生 創立者逝去と終戦、実践女子大学・実践女子短期大学の設立試練と再生 創立者逝去と終戦、実践女子大学・実践女子短期大学の設立
  • 着実な発展 日野校地への移転と教育環境の拡充着実な発展 日野校地への移転と教育環境の拡充
  • 飛躍に向けて 学園創立120周年と渋谷・日野での教育展開飛躍に向けて 学園創立120周年と渋谷・日野での教育展開

周年事業 Anniversary Events

創立120周年記念式典

創立者下田歌子生誕の地である岐阜県恵那市岩村町にて、平成31年5月7日(火)に創立120周年記念式典を開催します。岩村町の地元の皆様と学園関係者とが創立120周年を共に祝い、絆を深めあう場とします。

創立120周年記念祝賀会

「創立120周年記念館」にて、平成31年5月11日(土)に、学園とゆかりのある皆様をお招きした祝賀会を開催します。本学の生徒・学生・卒業生・教職員も一体となって、創立120周年を盛大に祝う場とします。

実践女子学園フェスティバル(Jフェス)

日時:平成31年5月11日(土)~12日(日)
場所:中高桃夭館中庭、正門広場、グラウンド、体育館、講堂
内容:野外ステージ、模擬店、物産展、PRコーナー、コンサートなどを予定しています。

学祖ふるさと整備事業

詳細が決まり次第掲載いたします。

創立120周年記念講演会・シンポジウム

詳細が決まり次第掲載いたします。