ホーム>トピックス

トピックス

2020.08.10 2020年度オープンキャンパスを開催しました

日野キャンパスでは、8月10日(月)に、今年度初となる対面型オープンキャンパスが開催されました。
猛暑の中、お越しいただいた皆さま誠にありがとうございました。

新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、全イベント事前予約制、
学科相談コーナーでは飛沫防止のための透明なパーテーションの設置、
ガイダンス時は間隔を空けての着席など様々な対策を講じての開催となりましたが、
生活環境学科では作品展示も行い、たくさんの方々にご来場いただきました。

学科の学び紹介や作品展示では、3年生の学生6名も参加し、
生活環境学科の魅力や大学生活について、学生視点で詳しく話してもらいました。
時間割や空きコマの過ごし方、大学の雰囲気についても具体的に話してくれたので、
ご来場いただいた方々からは、「大学生活をイメージすることができました!」とご好評いただけました。

また、空間デザイン研究室では、今回のオープンキャンパスに向けて、
学科のオリジナルパンフレットの作成や学校紹介動画の作成、
学生の日常生活についてのアンケートパネルの作成を行いました。

アンケートパネルを作成するにあたり、
生活環境学科の3年生約100名にアンケート調査に協力してもらいましたが、
グラフや表を使ったわかりやすいパネルに仕上がったため、参加した学生は
「ご来場いただいた方への説明の際には、パネルを使って説得力のある説明ができた!」
と手応えを感じていました。
3年生の皆さん、ありがとうございました。

次回の日野キャンパスでのオープンキャンパスは、
9月20日(月)に対面型での開催を予定していますが、
今後の状況によっては変更となる可能性がありますので、
ご参加の際には本学ホームページをご確認ください。

2020.08.10 2020年度オープンキャンパスを開催します

8月10日(月)日野キャンパスで、オープンキャンパスが開催されます。
新型コロナウイルス感染予防対策した上で、事前予約制で実施されます。

当日は、30分間の学科ガイダンスを2回行うほか、
学科展示も行い、来場者の方々に自由にご覧いただけるようにする予定です。
何かお聞きになりたいことがあれば、学科相談も受け付けています。

当日の詳細、および申し込みについては、大学のHPをご参照ください。
https://www.jissen.ac.jp/admission_guidance/open_campus/year2020/20200810.html

なお、当日の様子は、オンラインでもライブ配信されることになっています。
アクセスのしかたについても、上記のページをご覧ください。

2020.07.28 本学科卒業生が日野市から感謝状をいただきました

7月28日(火)、日野市から本学科卒業生への感謝状贈呈式が、オンラインで行われました。
このたび感謝状を贈呈されたのは、
この3月に本学科(空間デザイン研究室)を卒業したばかりの根目沢ひかるさん。

根目沢さんは、昨年度の卒業研究の一部として、日野市内にある「地区センター」66カ所をすべて周り、
「女子大生が全部まわった 地区センター図鑑」を作成しました。
大学のプロジェクト研究所「まちの居場所研究所」から250部発行して、
日野市に200部贈呈したところ、たいへん喜ばれ、
「みんなの居場所プロジェクト」で一緒に活動していた現代生活学科の伊東那奈さんとともに、
その成果に対して、日野市から感謝状を贈呈されることとなりました。

贈呈される2人が現在ともに遠方におり、新型コロナウイルス感染防止の意味もあり、
贈呈式はオンラインで開催されました。
日野市としても、こうした形式での贈呈式は初めてとのこと、
市民の方も参加することができて、あたたかな雰囲気の贈呈式となったようです。
その様子は、JCOM日野「つながるnews」でも放映されました。

「地区センター図鑑」については、大学のHPでも紹介されていますので、こちらも参照してください。
https://www.jissen.ac.jp/activity/year2020/20200722_gaku1.html

2020.04.06 2020年度が始まりました

4月になり、2020年度が始まりました。
本学科も新たに95名の新入生、1名の編入生を迎えて、新しいスタートを切ることになります。

ただし、今年は新型コロナウイルス感染拡大の影響で、入学式は中止となり、
オリエンテーションもすべて郵送&オンラインで行うこととなりました。
当面の間は、授業も自宅で受講できるよう、オンラインで実施されることになります。

学生同士も直接顔を合わせることができず、例年とはまったく異なる新年度となっていますが、
教育の質を維持できるよう、教員・助手一同、精一杯取り組んでいく所存です。

過去のトピックスを見る