助手・助教って何?

助教・助手さんは大学の先輩にあたる人も多く、学生にとって身近な存在です。どんな科目を取ったらいいか相談したり、実習・演習を中心とした授業でわからないことを訊ねたり、ゼミの活動や卒業研究のアドバイスをもらったり。学生と日常的にふれ合いながら卒業までの4年間を支えてくれています。

助教・助手紹介

稲垣 サナエ(いながき さなえ)
アパレル管理研究室
<助教>  

大学生活の4年間では様々なことに興味を持ち積極的にチャレンジしてください。得られた知識、経験はきっと財産になるはずです。人生を振り返ったときにこの4年間が有意義だったと感じられるような学生生活であることを心より願っています。
田村 しずか(たむら しずか)
アパレル企画造形研究室
ファッションビジネス研究室  

大学生活はあっという間です。大学では、興味を持ったことに積極的に取り組むことが出来ます。そこで学んだ知識や経験を自分のものにし、興味や関心を高めて下さい。皆さんにとって学生生活がより充実したものになるように応援しています。
高田 彩香(たかた あやか)
材料科学研究室
 

大学の4年間はあっという間に過ぎていきます。授業、アルバイト、サークル、何かに熱中して、思いきり楽しんで過ごしてほしいと思います。皆さんがのびのびと充実した4年間を過ごせることを願い、学生生活をサポートしていきます。よろしくお願いします。
勝沼 友紀子(かつぬま ゆきこ
建築デザイン研究室
 

良い大学生活だったな!と思える様な時間の過ごし方、経験をたくさんして下さい。少しでもそのサポートができるように、私自身もお手伝いします。同じ時間を過ごすことができる喜びを日々感じながら、楽しい大学生活を一緒に過ごして行きましょう。よろしくお願いします!
紀室 さやか(きむろ さやか)
環境デザイン研究室
 

たくさん学び、たくさん遊べ。
助手として、皆さんの素敵なキャンパスライフを精一杯サポートさせて頂きます。一緒に成長していきましょう。これからどうぞよろしくお願いします!
正木 あすか(まさき あすか)
空間デザイン研究室
 

私が学生時代に感じた生活環境学科の良いところは、学生と助手や先生方との距離が近いことです。何かあれば親身になって相談に乗ってくれ、時には一緒に行事を盛り上げていただきました。今度は助手として、皆さんの大学生活をサポートしていきたいと思います。
加藤 優香(かとう ゆうか)
プロダクトデザイン研究室
 

大学生活は、自分のやりたいことを見つけられる良い機会であり、それらに熱中出来る環境があります。是非、自分のやりたいことをなんでもやってみてください。皆さんが充実した学校生活を送れるように私もサポートしていきますので、よろしくお願いします。
永倉 由貴(ながくら ゆき)
生理人類学研究室
 

「大学の4年間」はとても貴重な時間だと思います。時間は有限なので、大事に、色々なことを経験して、多くの事を自分のものにしてもらえたらと思います。みなさんが有意義な時間を過ごせるよう、サポートしていきたいと思います。よろしくお願いいたします!
原 優歩(はら ゆうほ)
人間工学研究室
 

大学で過ごす4年間は、長いようで短い4年間です。沢山の事を吸収して、大きく成長して行って下さい。皆さんが成長する手助けを出来たらと思っています。