ここからページの本文です

明治神宮外苑聖徳記念絵画館の利用について

2016年04月22日

画像イメージ明治神宮外苑聖徳記念絵画館

画像イメージ「華族女学校行啓」跡見泰

 学校法人実践女子学園は、明治神宮外苑聖徳記念絵画館と協定を結び、学生・生徒をはじめとする本学園関係者(教職員を含む)が、身分証等を呈示することにより絵画館を見学・利用することができるようになりました。

 聖徳記念絵画館には、明治天皇、昭憲皇太后お二方の御事績を描いた壁画80枚が展示されています。また、絵画館の建物も国の重要文化財に指定されています。

 学園創立者 下田歌子先生は、昭憲皇太后にお仕えしてその優れた歌才を愛でられ、「歌子」の名を賜りました。また、皇太后の公務に陪席を許され、そのときの様子も絵画館に展示されている壁画に描かれています。

~明治神宮外苑聖徳記念絵画館 利用方法~

所在地:東京都新宿区霞ヶ丘町1-1(最寄駅:JR中央・総武線信濃町駅)
開館時間:9:00~17:00(最終入館16:30)※12/30~1/2は、10:00~17:00
年中無休(都合により休館する場合があります)
協定の期間:平成28年4月1日~平成29年3月31日

学園関係者が絵画館入館の際、下記の身分証等を呈示することにより、本人ならびに同伴者1名まで入館できます。

【入館時に呈示するもの】
①実践女子大学、実践女子大学短期大学部 学生:「学生証」
②実践女子大学、実践女子大学短期大学部 学生の保護者:後援会『会報』 最新号
③実践女子学園中学校高等学校 生徒:「生徒証(身分証明書)」
④実践女子学園中学校高等学校 生徒の保護者:「入校証」
⑤実践女子学園の教職員(大学、短期大学部、中学校高等学校):「職員証」
⑥実践女子学園の各学校の卒業生(一般社団法人教育文化振興実践桜会会員):学園広報誌『桜むすび』 最新号

<本件に関する問い合わせ先>
実践女子大学・実践女子短期大学部
学長室
TEL:042-585-8813