画像イメージ

ここからページの本文です

学生生活のFAQ

授業・試験関連

全て開閉する

教科書はどこで買えばいいですか?

日野キャンパスでは学内ショップの書店にて、渋谷キャンパスでは履修登録期間中に学内にて販売しています。

成績はどのように確認することができますか?

大学:成績はWebで確認ができます。各自「Web成績」にアクセスして確認してください。(前期は8月下旬~9月上旬、後期は4年生(短大1・2年生)は2月中旬、1~3年生は2月下旬頃です。)

学校感染症の出講停止期間の休みについて

学校保健安全法に基づく「学校感染症」に感染した場合は、伝染病を予防するために出席を停止とすることが出来ることが学校保健安全法で定められています。医師の診断を受け、これら学校感染症に該当する伝染病に感染したことが判明した場合は、大学(保健室、あるいは教務担当)に連絡をお願いします。また、該当する感染症であるとの診断を受けた場合は二次感染のおそれがありますので、医師の許可が出てから登校するようにしてください。
医師の診察を受け、治癒したことが確認されたら速やかに大学(保健室、あるいは教務担当)に診断書相当の証明書(治癒証明書あるいは登校許可書も可。インフルエンザの場合は、医師から処方された薬の説明書でも可)を提出してください。欠席期間が1週間以上にわたる場合は「欠席届」もあわせて提出してください。
なお、実践女子大学・実践女子大学短期大学部では病気又は事故による欠席は公欠扱いにはしておりませんが、学校感染症の場合は、当該学生を出校停止にした旨の連絡を学長から各科目担当の先生方にしております。

年間スケジュールを知りたい

詳細は、毎年度配布される「時間割表」「学生生活ハンドブック」をご覧ください。

急病で試験を受けられない

該当の試験が、掲示発表される試験実施期間内に実施する試験の場合には、所定の手続きによって認められた場合、追試験を受験することが可能です。

追試験
試験実施期間内に実施する試験を、病気その他正規の理由により欠席し、受験を願い出た者が、受験資格があると認められた場合に追試験を行います。

受験が認められる理由および必要書類
(1)病気・怪我による入院・通院(医師による診断書が必要)
(2)交通機関の遅延・予定外の運休、通学途上の事故(遅延証明書、事故証明書等相当の証明書が必要)
(3)忌引き(一親等、配偶者、二親等、伯叔父母の場合のみ)(保証人連署の忌引届が必要) 等
(4)就職試験の受験(キャリアセンターの交付する書類が必要)
(5)教員採用試験受験(受験票または教職課程が発行する承認文書が必要)
(6)編入学試験(当該校の受験票の提出が必要)
(7)学外実習(実習担当教員の承認文書が必要)
(8)(1)~(7)以外で、その他特別の事情として認められる場合(理由書)
                                   
実施時期
追試験は原則として次の時期に行います。
前期 9月上旬
後期 2月中旬~下旬

・受験手続き
所定の「追試験願」に欠席理由を明記し、欠席理由を証明する書類を添えて、所定の期日までに教務担当に願い出てください(※受験料は1科目につき1,000円)。

追試験手続の詳細は、教務担当窓口にお問い合わせください。

掲示 (休講や呼び出し) について

学生に対する告知、連絡、呼出し等はすべて学内掲示版で行います。
掲示期間は1週間とし、一度掲示された事項はすべての学生に周知されたものとして取り扱います。後日知らなかったということがないよう、登下校の際は必ず掲示板を見る習慣をつけましょう。
個人の呼び出しは「呼出し掲示板」に学年、学科、氏名を書いた用紙を貼り出します。該当する学生は、その用紙を持って呼び出した窓口に来てください。
なお、本学の情報配信サービス(Jissenキャンパスナビ)でも、休講情報・教室変更等については適宜配信されますが、掲示板に掲載されているすべての情報が配信されるわけではありませんので、必ず学内掲示板を確認するようにしてください。

【掲示場所】
日野キャンパス:本館1階エントランスホール、桜ホール1階インフォメーションギャラリー
※内容により、掲載場所は違います
渋谷キャンパス:1階エントランスホール

インフルエンザにかかった場合どうしたらいいの?

インフルエンザは「学校感染症」です。「学校感染症の出講停止期間の休みについて」をご覧ください。

証明書・学割発行・変更届・休学等

全て開閉する

健康診断証明書が自動発行機で発行できない(グレー表示になり選択できない)。

発行できる場合は検査が全て「異常なし」の場合です。発行できない方は、保健室に来てください。

両親が亡くなった場合は何か手続きが必要ですか?

一親等(父・母)が死亡した場合は、保証人連署の「死亡届」を速やかに 学生担当へ届け出てください。

学生証の再発行はどうすればよいの?

学生証・学生ハンドブックを紛失、または著しく汚損した場合には、学生支援センター窓口で再発行の手続きをしてください。(再発行には以下の手数料がかかります)

学生証: 1,500円
学生ハンドブック: 500円

住所・氏名・保証人等が変わったときには?

住所・氏名・保証人等の変更手続についてはこちらをご覧下さい。

定期券を購入したい

通学定期券の購入方法は
JR・私鉄・バス(京王バス・都バス・東急バス)の通学定期券は、駅窓口に学生証を提示し購入してください。(学生証裏面のシールに現住所・通学区間を記載しておくこと。)

購入にあたって
通学区間以外は通学定期券を購入することはできません。
「通学区間」とは、現住所と大学の最短区間のことです。通学区間の変更を希望する場合は、学生支援センターに申し出てください。サークル活動、アルバイト等、正課授業教育以外の目的で通学定期券を購入することはできません。

学割が欲しい

学割 (学校学生生徒旅客運賃割引証) について
1. 個人用
JR各線で片道の乗車距離が 101 km以上の場合に2割引で乗車券を購入できます。

【発行にあたって】
証明書自動発行機で即時発行できます。(学生証が必要です。)
証明書自動発行機
稼働時間 月曜日~金曜日 8:45~16:30
土曜日 8:45~16:00
※長期休暇中は稼働時間が異なることがあります。
                                   
2. 団体用
課外活動やゼミなどの団体活動 (学生8人以上、本学教職員の引率が必要) で利用する場合、団体割引が適用され学生は5割引、教職員は3割引になる制度です。JR窓口や旅行会社等で申込用紙を入手し、学生担当に申請してください。学長の承認印を必要としますので、日にちに余裕を持って申請するようにしてください。なお、JR窓口や旅行会社には14日前までの手続きが必要です。

各種証明書はどうやったらもらえるの?

一部の証明書を除いて、証明書自動発行機で即時発行されます。
即時発行できない証明書は、発行機で申請書を購入し、各取り扱い窓口で手続きをしてください。

証明書自動発行機利用時間 月~金 午前8:45~16:30
土 午前8:45~16:00
※長期休業中の利用時間は学内の掲示をご覧ください。

また、卒業生の証明書発行については、以下のページをご覧ください。

単位成績証明書と単位成績取得見込証明書の違いは?

単位成績証明書は、その時点で単位修得している成績が記載されています。
一方、単位成績取得見込証明書は、その時点で単位修得している成績に加えて履修中の科目名も記載されます。

卒業証明書はいつから発行できますか?

卒業式当日から発行可能です。なお、卒業式当日は、証明書発行機の利用が混雑するため事前に証明書発行申請をすることができます。

入学後に転学部、転学科はできますか?

大学のみ転部・転科制度があります。
詳細は転部・転科のページをご覧ください。

休学・復学・退学したい

「休学願」「復学願」「退学願」の提出が必要となりますが、各願の提出前に必ず担任またはアカデミックアドバイザーに相談してください。

各種相談について

全て開閉する

悩み事を相談したい(学生相談センター)

学生相談センター

学生相談センターには、学業、人間関係、恋愛、学生生活、進路、精神衛生についてなどいろいろな相談がよせられます。一人で考えこまず、誰かに話をしてみませんか。
センターのスタッフは、あなたと一緒に問題の解決の方向を見つけたり、助言をしたり、場合によっては、専門家を紹介します。
相談は個人でもグループでも応じます。もちろん、相談内容などの秘密は厳守されます。

相談したいとき
みなさんの大切な時間を確保し、ひとりひとり丁寧に対応するために予約制にしています。
予約の上、学生相談室にお越しください。

日野キャンパス:事務センター2階
渋谷キャンパス:創立120周年記念館2階

【予約・問合せ先】日野・渋谷共通
TEL 03-6450-6827
Email soudan@jissen.ac.jp

開室・予約等の詳細は以下をご覧ください。

身体の事を相談したい(保健室)

保健室では身体の変調や様々な症状について、悩んだり、不安に思っている方に対していつでも利用して頂けます。                                 
症状によっては専門病院の紹介や、学校に月1回ずつ来られる学校医(内科)や精神科の医師との面接の予約なども出来ます。                             
場合によってはベッドで休んでもらったり、病院受診に迷う症状の場合、一緒に経過をみて行ったりする場合もあります。利用に対して予約などはありませんから、いつでも気になった時に保健室を利用してください。
                     
日野キャンパス:本館1階 (TEL 042-585-8823)
渋谷キャンパス:創立120周年記念館3階 (TEL 03-6450-6823)
開室:月~土曜日 8:45~17:00
E-mail hokenshitsu@jissen.ac.jp

保健室で健康相談が出来ますか ?

できます。
健康的な生活習慣を身につけ、維持をしていくためにはどのようなことに注意をして生活をすれば良いのか、食生活・体重管理・運動など学生さんの状態に合わせながら相談を進めていきます。

ハラスメントについて相談したい

本学では、学生・教職員が、それぞれの人格を尊重し合い、ハラスメント(個人の権利の侵害)がない品格のある快適な教育・研究環境を維持するよう努めています。もしもセクシャル・ハラスメント、アカデミック・ハラスメント、パワー・ハラスメント等のハラスメントを受けたと思ったら、一人で悩まないで相談してみましょう。

ハラスメント相談専用窓口メールアドレス counseling@jissen.ac.jp

障がいのある学生へのサポート

本学では身体に障がいを持った学生も大学生活を快適に過ごせるようサポートしています。困ったことがあればいつでも学生相談センター・保健室で相談してください。

学習や学生生活について相談したい(クラス担任・アカデミックアドバイザー、オフィスアワーについて)

本学はクラス担任制をとっており、各クラスには専任教員による担任あるいはアカデミック・アドバイザーが置かれています。何か困ったことや悩みごとがある場合には、積極的に相談してください。また、本学ではオフィスアワーとして、教員が研究室で相談に応じる時間を設けています(詳細は、学生支援センターの掲示板をご覧ください)。

学生相談センターや保健室でも随時相談に応じています。

履修(登録等)について質問がしたい。

履修期間や登録方法等については「時間割表」を、履修規則や科目・単位数等については「履修要項」を、授業内容については「講義概要」 を、まずは熟読してください。
その上で質問があれば、学務部教学課教務担当へお問い合わせください。履修については、学年・学科・希望資格等によって、それぞれ状況が異なりますので、質問の際には「履修登録表」「成績通知表」等をご持参の上、直接窓口まで来てください。電話・メール等による問い合わせは受け付けていません。

事務部等の窓口案内

学務部等の窓口案内は以下をご覧ください。

学生生活について

全て開閉する

学内で怪我をした場合、保険はきくの?

 本学の全学生は、教育研究活動中に生じた不慮の災害事故保障のために「学生教育研究災害傷害保険」に加入しています。また、教育研究活動中に生じた損害賠償を補償するために「学研災付帯賠償責任保険」に加入しています。
 事故が起きた場合は、学生支援センターが保険会社に事故通知等の手続きをしますので、直ちに申し出てください(事故の日を含めて30日以内に保険会社に通知する必要があります)。

その他にも入学時に送付した任意加入保険の学生総合補償制度があります。

学友会の活動について(学生大会、年間スケジュール)

本学学生を以て組織されているのが学友会です。会員は目標達成のために行われる次の事業への権利と義務を有します。
(1)学生大会
(2)新入生歓迎会
(3)文化活動・体育活動
(4)その他の事業
詳細は学生団体のページをご覧ください。

宗教まがいの団体からの勧誘などはどう対応したらいいですか?

危険を防ぐために
(1)不審だと思ったら話を聞かずにきっぱり断る
(2)個人情報を安易に教えない
(3)一人で抱え込まず周囲に相談する 
等を心がけてください。
それでも不審なことがあったら学生担当までご相談ください。

留学・語学研修について

留学に関しては、本学では所定の外国の教育機関で学んだ期間が在学期間に算入され、4年間で卒業できるようになっています。夏期に学校主催で行われる海外語学研修は、留学への第一歩です。3~4週間、外国での生活を体験し、自分の可能性や将来について広い角度から考えてみましょう。言語文化教育研究センターは、在校生の皆さんの異文化理解、留学、語学力の強化、国際感覚の養成などをサポートする目的で設置されています。講演会、報告会、イベントなどに積極的に参加してみましょう。
センターでは、留学に関する資料も揃っています。

海外に興味がある方は,是非一度,言語文化教育研究センターに足を運んでみてください。

<日野キャンパス> 開室時間:月~金曜日 8:45~16:30
〒191-8510 東京都日野市大坂上4-1-1
TEL 042-585-8832 / Fax 042-585-8934
Eメール cleip@jissen.ac.jp

<渋谷キャンパス> 開室時間:月~金曜日 9:00~17:00
〒150-8538 東京都渋谷区東1-1-49
TEL 03-6450-6832 / Fax 03-6450-6812
Eメール cleip@jissen.ac.jp

センター利用内容 留学資料の閲覧、留学相談、語学研修

情報ラウンジ等の開放状況を知りたい

●情報ラウンジ/PCラウンジ (授業期間によって閉館時間異なる)

≪日野キャンパス・情報ラウンジ≫        
平日  8:45~19:00 ※長期休業中は平日9:00~16:00                      
土曜日 8:45~16:00         
日曜・祝日 閉室 

≪渋谷キャンパス・PCラウンジ≫
平日  8:30~19:30 ※長期休業中は平日9:00~16:00                      
土曜日 8:45~17:00         
日曜・祝日 閉室 
                         
詳細は情報センターのサイトをご確認ください。 

電子メール(実践Gmail)、実践キャンパスナビ(J-CaN)のパスワードを忘れてしまった場合はどうしたらいいいですか。

J-CaNのパスワードは、PC演習室/情報ラウンジ/PCラウンジのPCログインパスワードと同一です。それも忘れてしまった場合は、情報センター事務室(日野キャンパス)、または創立120周年記念館3階図書館内PCサポートルーム(渋谷キャンパス)に学生証をお持ちのうえ申し出て下さい。電子メールのパスワードについては学生証をお持ちのうえ再発行の申請をしてください。但し、再発行まで一週間かかりますのでご注意ください。

お茶を習ってみたい

学園では表千家茶道教室を行っています。授業の空き時間を利用してお稽古ができ、お免状をとることもできます。詳細は無我荘にお問い合わせください。
 (無我荘) 火~金曜 10:30~16:00

課外活動について

全て開閉する

ボランティアに参加したい

ボランティア活動に対する意識は年々高まっています。本学では、学内外からのボランティア情報を提供し、活動を支援しています。ボランティア情報は、学生支援センターでご確認ください。

サークルに入りたい

新入生については、学友会主催の新入生歓迎会が4月にあります。サークルの舞台発表等での勧誘がありますのでご参加してください。 在学生については、学友会が発行している桜乙女や桜ホールにあるサークルラックのチラシをご確認ください。

合宿所を利用したい

日野合宿所の利用
大学の校舎内に課外活動育成のための合宿所があります。サークルでの合宿やゼミ合宿など、大学で認められた団体であれば、利用できます。合宿所は自炊で、食堂、浴室があり30名収容できます。申し込み予約は前月の1日より受け付け、利用申込書の提出は5日前までです。支払いは合宿終了時です。
なお、原則として、宿泊は3泊4日を限度とします。

軽く運動がしたい

体育施設の個人利用について(日野キャンパス)
大学施設:テニスコート・卓球場(当日個人利用)
授業時間中、授業で使用していない場合、本学の学生に限り、当日個人利用できます。

実習所を利用したい

実習所のご案内
学園共有の厚生施設として箱根に実習所があります。この実習所は、在学生、教職員をはじめ卒業生の方々が利用できます。友人やクラブ活動での親睦等にご利用ください。詳細は以下紹介ページをご参照ください。

【申し込み・問い合わせ先】
〒191-8510
東京都日野市大坂上4-1-1
実践女子学園総務部
電話 042-585-8800 (直通)
Fax 042-585-8808

金銭的な問題

全て開閉する

奨学金を受けたい

近年、奨学金は非常に身近になっており、多くの学生が学生生活充実のために奨学金制度を活用しています。
以下のような奨学金が用意されています。
1. 学内奨学金(本学独自の奨学金)
2. 成績優秀者ほかの褒賞を目的とする奨学金(本学独自の奨学金)
3. 独立行政法人日本学生支援機構奨学金(旧 日本育英会奨学金)
4. 地方公共団体・民間団体が設置している奨学金
詳細は奨学金制度のページをご覧ください。

学費の金額が知りたい

学費は入学年度・学科ごと異なります。
詳細は学費等納入のページをご覧ください。

入学後の学費の延納について教えてほしい

入学後、経済的な事情等で納入期限までに授業料その他の納付金を納めることができない場合には、教務担当に相談してください。本学所定の「学納金延納願」を教務担当に提出し許可を受ければ、定められた期限内において、学費の納入期限を延長することができます。
また、学生支援センターで奨学金等の相談も受け付けています。

学費の振込方法について知りたい

学費は必ず保証人宛にお送りした所定の振込依頼書を使用し、ATMやネットバンキングではなく銀行の窓口で振り込んでください。

学費の振込依頼書を紛失してしまいました。どうすればいいですか?

財務部経理課で再発行いたします。
日野キャンパス事務センター3階
電話 042-585-8801

学費の振込依頼書が届きません。

【新入生(1年次生、編入生)】
後期分の振込依頼書を9月中旬に保証人宛に送付します。
9月中旬になっても届かない場合は、財務部経理課にお問い合わせください。

【新入生以外】
学費の納付書は前期分・後期分・年間一括分を4月の初めに保証人宛に送付します。
4月中旬になっても届かない場合は、財務部経理課にお問い合わせください。

財務部経理課 電話 042-585-8801

学費の納入のことを知りたい

学費の納入について
学費の納入期限は以下のとおりです。

  新入生(1年次生・3年次編入生)
    前期分:入学手続時、 後期分:10月末日  
  新入生以外
    前期分:4月末日、 後期分:10月末日

学費振込依頼書を各保証人宛に送付しますので、期限内 (必ず本学所定の振込依頼書を使用のこと) に振り込んでください。

期限までにお振込ができない場合は、教務担当に学納金延納をご相談ください。

※ 学費は、ATMやネットバンキングでなく、必ず銀行窓口で振り込んでください。
※ 金融機関で振り込む際には、本人確認書類をご用意ください。(平成19年1月4日から)

自動証明書発行機(パピルスメイト)で間違った証明書を発行してしまいました。返金できますか?

発行済みの証明書については、原則として返金不可となります。御了承ください。
また、証明書以外の各種申請書については、申請書提出先にお問い合わせください。

施設について

全て開閉する

学生食堂・学内ショップ

本学では学生食堂や数々の学内ショップなど、学生の皆さんが利用できる施設が充実しています。ぜひ利用してみましょう。

個人ロッカーはありますか?

日野キャンパスは希望制で使用することができます。希望者は年度初めの決められた期日に学生担当で手続きを行う必要があります。

公衆電話はありますか?

日野キャンパス:本館1階エントランスホールに1台設置しています。
渋谷キャンパス:1階自動販売機横に1台設置しています。

スピード写真はありますか?

日野キャンパス桜ホール2階のエントランスホール(燦広場側)にあります。

落し物・住居・アルバイト

全て開閉する

落し物をしてしまったら…

拾得物について
学内での拾得物は、学生支援センターに届けてください。
落し物をした場合も、学生支援センターまで来てください。
拾得物は、学務部内の陳列ケースに保管してあります。

届けられた後、3ヶ月を経ても申し出のない拾得物については、学生支援センターで処分します。 但し弁当箱など衛生的に保管できないものはすぐに処分します。ご注意ください。

学生支援センターには毎日多くの拾得物が届けられます。
自分のものか判別できるよう持ち物には学籍番号と名前を記入しましょう!

住まいを探したい

【住まいを探したい】
アパート・マンション
アパート・マンションの情報は、本学のWEBサイトから空室状況や見学方法まで自宅から確認できます。本学では、アパート・マンションの紹介業務を「(株)共立メンテナンス お部屋探し相談室」に委託しています。
また、(株)共立メンテナンス以外にも(株)学生情報センター、(株)毎日コムネットレジデンシャルがみなさんの住まい探しをお手伝いします。
                                       
【学生会館】
実践女子大学・実践女子大学短期大学部学生会館は、日野キャンパスから徒歩23分のところにあるドミトリースタイルの施設です。学生会館は、管理員常駐で完全個室((68室)、食事付き (朝・夕) で、快適な住まいを提供し学生生活をさらに充実させるよう配慮されています。入館生は、原則として新入生です。
その他、本学学生会館以外の提携学生会館も運営委託先「(株)共立メンテナンス 学生会館事務局」がご案内します。

アルバイトを紹介してほしい

アルバイトは、学生アルバイト情報ネットワーク事務局の求人情報提供サイト「実践女子大学・実践女子大学短期大学部アルバイト紹介システム」でインターネット上から検索することができます。

詳細は暮らしのサポートのページをご覧ください。

資格・進路について

全て開閉する

資格取得支援講座や検定等の試験対策講座はありますか?

就職やキャリアアップに役立つ資格や知識の修得を目的とした講座を開講しています。
また、キャリアセンターや各学部、学科でも各種の支援を行っています。

図書館の利用について

全て開閉する

図書館の利用について

利用方法の案内または「Libなび 図書館利用ガイド」をご覧ください。

開館日程を知りたい。

開館カレンダーを公開しています。
こちらから確認してください。

貸出冊数・貸出期限はどのくらいですか?

資料の種類、時期によって異なります。以下から確認してください。

返却期限を過ぎるとどうなりますか?

延滞資料を返却するまで新たに資料を借りることができません。次に利用を希望している利用者の迷惑にもなりますので、期限内に資料を返却するようにしてください。

現在、借りている本の貸出期限を延長することはできますか?

貸出中の資料を引き続き利用したい時は、他の利用者の予約がない場合にのみ延長することができます。その際は、学生証/利用証と該当資料をご持参下さい。 
※該当資料がない場合は延長できません

貸出中の資料の予約はできますか?

利用したい図書が貸出中の場合は、予約しておくと返却された後に、優先的に借りることができます。
→Webサービスを用いて、予約をかけることが可能です。

他キャンパス図書館所蔵の資料を利用したい場合はどうしたらいいですか?

他キャンパスから資料を取り寄せることができます。日野⇔渋谷間で一日1回運行便があります。

現在、借りている資料の返却期限を忘れてしまいました。

My Libraryから確認することができます。在学生は以下からログインをして確認してください。

借りた資料を紛失(破損)してしまいました。

レファレンスカウンターに申し出てください。

図書館に忘れ物・落し物をしてしまいました。

当日中はカウンターでお預かりしていることがありますので、カウンターにご相談ください。翌日以降は学生担当の忘れ物BOXを確認してください。

図書館で購入してほしい資料があります。どうしたらいいですか?

My Libraryの購入希望図書の申し込みページから申し込みをしてください。ただし、内容によっては図書館では購入できない場合もあります。申し込みから利用可能になるまでに1カ月ほどかかりますので、余裕をもって申し込みをしてください。

他大学の図書館を利用できますか?

事前申し込みをしないで直接行くことはできません。図書館から紹介状を発行しますので、レファレンスカウンターに申し込んでください。

OPACの配架場所が研究室になっていました。利用はできますか?

研究室資料は教員が使用している場合がありますので、状況によっては利用できないこともあります。通学するキャンパスの研究室が配架場所になっている場合は、直接研究室を訪ねてみてください。他キャンパスの場合や場所がわからない場合などは図書館カウンターにご相談ください。

読みたい論文が掲載されている雑誌が図書館では所蔵していませんでした。どうしたらいいですか?

他大学、国立国会図書館、海外の図書館(British Library)などから論文のコピーを取り寄せることができます。  コピー代と送料は自己負担になります。
レファレンスカウンターにお申し込みください。

特殊コレクションを閲覧したいのですが。

学内の方はレファレンスカウンターに申し込みください。
学外の方は所属の図書館を通してお申し込みください。
申し込み用紙は以下からダウンロードできます。

データベースはどこでも利用できますか?

学内のインターネットに繋がっているパソコンであれば利用できます。ただし、学内でも無線LANでは利用できませんのでご注意ください。

その他

全て開閉する

助手・副手とはどういう方ですか?

助手・副手とは、学生が有意義な学生生活を送るために、さまざまなで場面でサポ—トをしてくれる強い味方です。大学の学びである実習や演習でわからないところを気兼ねなく訊ねたり、ゼミの活動や卒業研究のアドバイスをしてくれたりさまざまな支えになってくれます。また、本学の卒業生が多く年齢も近い助手や副手は、学生と教員の橋渡し役として、学びをサポートしてくれます。