画像イメージ

ここからページの本文です

言語文化教育研究センター

言語文化教育研究センターは、在学生の皆さんの異文化理解、留学、語学力の強化、国際感覚の養成などをサポートする目的で設置されています。留学や国際交流に関する説明会、イベントなどを実施しています。
言語文化教育研究センターには、各種留学や海外語学研修をはじめとして、様々な国際交流に関する資料や英語習得に効果的な多読本も揃っています。関心がある方はぜひ一度、足を運んでみてください。
※事務取扱窓口:国際交流課

言語文化教育研究センター年間予定・活動一覧

※スケジュールは変更になることがありますので、必ず掲示板でご確認下さい。

大学言語文化教育研究センター

大学 言語文化教育研究センター長挨拶

Overseas Studies: Broaden your knowledge of the world's languages and cultures

大学言語文化教育研究センター長
教授 ブラック, ヨーガン 

大学 言語文化教育研究センター長 ブラック, ヨーガン

We live in a multilingual world, but in Japan it is commonly thought that foreign language education is mainly about learning English. That type of thinking tends to disregard the importance of learning other foreign languages. There are many good reasons to learn other foreign languages. First, learning another foreign language gives you a deeper understanding of the way people from different cultures think. Also, learning an additional language improves your ability to solve problems. Finally, learning more than one language helps you to compare how languages relate to each other. It is with great pride that I announce that from 2018, Jissen Women’s University has added two new short-term study programs in France and Germany. For the first time, students at Jissen have the opportunity to learn French and German in the countries where these languages are spoken. Now we have a study program for every foreign language course that we offer at Jissen. I recently visited a university in France and another one in Germany that are perfect for Jissen students. The Université catholique de l'Ouest (UCO) is a very pretty university in Angers, France that offers French classes to students from all over the world and they even have courses for complete beginners. So please don’t worry about your language level. UCO takes students on day trips to Versailles, Mont Saint Michel and other places for a bit of sightseeing. The teachers at UCO are also very kind and eager to help our students to learn more about French language and culture in the beautiful city of Angers with its many old buildings, interesting museums and large, medieval castle. As for Germany, Jissen students can learn German at the world-famous University of Freiburg in the cute city of Freiburg in southern Germany. Like the university in France, the University of Freiburg offers classes to complete beginners. The university also offers Jissen students short trips to Heidelberg, another famous city in Germany, and even to Alsace, France, which is only a few kilometers away. If you have any questions about participating in the French or German short-term language programs or any of our other overseas programs in England, Canada, the U.S.A, South Korea or China, then please come and see me. I would be very happy to answer any questions you may have. The world is waiting for you to explore it.

短大言語文化教育研究センター

短期大学部 言語文化教育研究センター長挨拶

留学・海外研修に挑戦してみませんか

短期大学部言語文化教育研究センター長 
英語コミュニケーション学科 教授 萩野 敏

画像イメージ

「国際化」「グローバル化」が進むなか、学生時代に何らかの形で外国での教育や生活を体験してみたい、そう考えている短期大学部生は少なくないと思います。なかには、入学前からこの学校にはどのような留学・海外研修プログラムが用意されているのかをよく調べた上で、進学先を決めたという人もいることでしょう。さらには、短期大学部卒業後に海外の学校で学び続けることを自分の進路の選択肢に入れている人もいるだろうと思います。
 言語文化教育研究センターには、そのような希望に応えるさまざまなプログラムが用意されています。短期大学部生向けの留学プログラムの中心は、原則として半期にわたって海外の協定校で学ぶ「協定校派遣留学」です。このほかに卒業後に協定校へ編入する「協定校編入留学」や、学生本人が自分で留学先を選定する「認定校留学」という仕組みもあります。これらの留学はさまざまな条件を満たし定められた手続きを経た上で認められるものです。一方、より多くの学生が参加しやすいものとして、2~4週間程度の短期間に外国での教育や生活を体験する「海外語学研修」のプログラムも用意されています。これらの留学や研修を修了すると一定の条件のもとで単位も認定されます。
 また、これら言語文化教育研究センターのプログラムとは別に、短期大学部英語コミュニケーション学科には、学科の専門科目として約1か月間にわたって海外の学校で学ぶという科目も用意されています。
 これらのプログラムが意欲的な学生のみなさんの挑戦を待っています。時期や場所はもちろんのこと、是非ともそれぞれの詳細な内容や条件をしっかりと理解し、自分にふさわしいものを見つけて、挑戦してみてください。どのプログラムに参加しても、きっと他では得難い貴重な体験を持ち帰ることとなるでしょう。

問い合わせ先

言語文化教育研究センター(事務取扱 国際交流課)
<渋谷キャンパス>
3Fアカデミックステーション 学務部国際交流課 
〒150-8538 東京都渋谷区東1-1-49
電話 03-6450-6832 / Fax 03-6450-6812
Eメール cleip@jissen.ac.jp

<日野キャンパス>
事務センター2F 学務部国際交流課
〒191-8510 東京都日野市大坂上4-1-1
電話 042-585-8832 / Fax 042-585-8934
Eメール cleip@jissen.ac.jp

開室時間

月~金 9:00~17:00(渋谷)
月~金 8:45~16:45(日野)

利用内容

留学相談、留学資料の閲覧、語学研修申込み、TOEFL-ITP申込み、異文化交流(キャンパスメンター、ホストファミリー、ユニットリーダー)、ランチタイムイングリッシュ、カフェクラッチ etc.