ここからサイトの主なメニューです
ここからページの本文です

福田清人文庫(調整中)

文庫構成

福田清人文庫は最終調整中ですので、利用はご遠慮いただいておりますが、文庫の概要をお知らせします。

日本の児童文学作家、文芸評論家である福田清人(1904-1995)の旧蔵書、書簡、原稿類、著作、編集に携わった児童書・絵本類から構成される。

前所蔵館の立教女学院短期大学図書館には以下の順番で寄贈された。
(1) 児童文学と教育関係書
(2) 著作、著書
(3) 日本近代文学関係の蔵書
(4) 自筆原稿、雑誌・新聞切抜
(5) 日本近代文学館(2002年閉館)の福田清人関係資料

本学所蔵の経緯

福田清人は、1950年から本学・実践女子短期大学教授、1952年から本学・実践女子大学教授となる。1958年3月に本学を退職し、立教大学、立教女学院短期大学を経て、1973年に再び本学の教授となり、1977年3月に退職した。1990年から数回に渡り、旧蔵書が立教女学院短期大学図書館に寄贈されたが、同短期大学が2019年度をもって閉学したため、本学で二回に渡って教鞭を執った縁で、2019年度末に同館から譲り受けた。

集書者

福田清人(1904-1995)
日本の児童文学作家、文芸評論家。東京帝国大学在学中から小説を発表し、昭和4年(1929年)第一書房に入社、戦前期の国際的な文芸・文化誌である『セルパン』等の編集長を務める。『新思潮』、『文芸レビュー』等の同人雑誌に参加し、昭和8年(1933年)に第一短編集『河童の素』を刊行、以後『脱出』『生の彩色』等を刊行した。戦後、児童文学に転じ、昭和30年(1955年)に日本児童文芸家協会を結成、昭和37年には滑川道夫らと日本児童文学学会を設立した。代表作に『岬の少年たち』『天平の少年』、自伝的三部作『春の目玉』『秋の目玉』『暁の目玉』『長崎キリシタン物語』『咸臨丸物語』などがある。 参考:『新訂作家・小説家人名辞典』(日外アソシエーツ 2002)

所蔵場所

日野、渋谷の両キャンパスで所蔵している。以下が所蔵の目安である。

日野キャンパス図書館:
(1) 児童文学と教育関係書
(3) 日本近代文学関係の蔵書
(5) 日本近代文学館(2002年閉館)の福田清人関係資料

渋谷キャンパス図書館:
(2) 著作、著書
(4) 自筆原稿、雑誌・新聞切抜

 ・福田文庫の目録はこちら

このページの上へ

ここからサイトの主なメニューです