ここからページの本文です

日野市との共同シンポジウム「ライフ・ワーク・バランスを考える」(6/17)

2017年06月01日

2016年5月23日、日野市大坪冬彦市長と実践女子学園井原徹理事長が「イクボス宣言」を行いました。女性と男性があらゆる分野でともに参画できる環境づくりを目指す日野市と、男女共同参画社会の実現をミッションとして推進する実践女子学園の両トップの宣言から1年。これまでの市と学園の働き方改革の取り組みを振り返り、これからの「せいかつ(Life)」と「はたらく(Work)」について、地域のみなさまと共に考えるシンポジウムを開催します。

日野市・実践女子学園共同シンポジウム「ライフ・ワーク・バランスを考える」

日時:6月17日(土)13:00~15:30(開場12:30)
会場:実践女子大学 日野キャンパス 香雪記念館 大教室
対象:市民、学生、関心のある方ならどなたでも
内容:トークセッション ~今なぜ働き方改革・イクボス宣言~
   パネルディスカッション ~「はたらく」と「せいかつ」を考える。
       宣言に至るまでとその後の取組報告、そしてこれからの取組~
登壇者:
<コーディネーター>
 宮原 淳二 氏(株式会社東レ経営研究所
        ダイバーシティ&ワークライフバランス推進部長)
 林田 香織 氏(NPO法人ファザーリング・ジャパン理事)
<パネリスト>
 大坪 冬彦(日野市長)
 井原 徹 (学校法人実践女子学園理事長)
 鹿嶋 敬 氏 (元実践女子大学教授・一般財団法人女性労働協会会長)
 細江 容子 氏(実践女子大学教授・第7期日野市男女平等推進委員会会長)

主催:東京都日野市、実践女子学園
後援:NPO法人ファザーリング・ジャパン

※事前申込不要・入場無料
※保育あり:1歳から未就学児 4名(先着順)
※手話通訳あり

【お問合わせ先・保育申込み先】
 日野市企画部男女平等課
 TEL:042-584-2733