ここからページの本文です

実践女子大学アート・コミュニケーション研究所 公開レクチャー・シリーズ(2)《グローバリズムとローカリティのはざまで〜現代アートの視点から〜》を開催します(1/20)

2018年01月10日

画像イメージ詳細ちらしPDFファイル(PDF 991KB)

 実践女子大学アート・コミュニケーション研究所は、公開レクチャー・シリーズ2「グローバリズムとローカリティのはざまで~現代アートの視点から~」を開催します。
 昨今、様々な場面で耳にする「グローバリズム」。私たちはどのようにこの現象を捉えているのでしょうか。このレクチャーでは、森 弘治(もり ひろはる)氏が、海外で豊富な経験を持つアーティストの立場から、その今日的な意味を紐解いていきます。さらにローカリティとの比較の中から「個人のアプローチが世界に紐付いているという自覚」をする必要性があるのではと考えます。個人が世界につながるということがどのようなことなのか、アートを表現することとの関係性など、自身の芸術実践を交えて紹介します。

【日 時】2018年1月20日(土) 17:00~19:00

【会 場】渋谷キャンパス 創立120周年記念館
     6階602教室

【スケジュール】
◆17:00~18:30 レクチャー
「グローバリズムとローカリティのはざまで〜現代アートの視点から〜」
 講師:森 弘治(もり ひろはる)氏
 映像作品を中心に現代美術の分野で活動。主な展覧会に、第3回恵比寿映像祭、
 越後妻有アートトリエンナーレ2009、第52回ヴェネツィア・ビエンナーレ国際企画展、
 原美術館「アートスコープ2005/2006」、
 ジュ・ド・ポーム国立ギャラリー「The Burlesque Contemporains」などがある。
 2016年には「MOTアニュアル2016:キセイノセイキ」展のディレクションとキュレーションを主導する。
 また、2009年にアーティストによる芸術支援システム「ARTISTS` GUILD」を設立。
 東京芸術大学などで教えたのち、AITで教鞭を取っている他、アートの実践教育プログラム開発にも携わる。
 2016年3月より1年間米国MITにて客員研究員として研究に従事し、2017年春帰国。

◆10分休憩

◆18:40~19:00 質疑応答

【聞き手】
 下山 肇 実践女子大学 文学部美学美術史学科 准教授(デザイン)

≪お問い合わせ≫
 実践女子大学アート・コミュニケーション研究所 
 jissenaci@gmail.com