画像イメージ

ここからページの本文です

実践女子の魅力

変わる実践、変わらない実践

画像イメージ

 1899(明治32)年、学祖・下田歌子により実践女学校・女子工芸学校として創立した本学園は、2019年に創立120周年を迎えます。6年間一貫教育の実践女子学園中学校高等学校、実践女子大学(大学院)、実践女子大学短期大学部の各校を含めた学園全体の教育理念を「品格高雅にして自立自営しうる女性の育成」として掲げ、これまでのべ15万人以上の卒業生を社会に送り出してきました。

画像イメージ

 1世紀以上の長きにわたり、女性の自立を目指した女子教育を行ってきた本学は、学祖・下田歌子の描いた理念とその伝統を守りつつ、多様化・複雑化する社会の要請に応じ、変革を続けています。

変わる実践

画像イメージ

 実践女子学園は、1899(明治32)年、千代田区麹町で開校し、1903(明治36)年に現在の実践女子学園中学校高等学校の所在地である、東京都渋谷区東に移転しました。その後、学生数の大幅な増加により、1960年代から1980年代にかけて大学・短期大学(2014年4月より短期大学部)のキャンパスと法人本部を東京都日野市に移転しましたが、2014年4月から大学の一部(文学部・人間社会学部)および短期大学部が、再び渋谷の地で教育・研究をスタートさせました。大学・短期大学部は、様々な文化施設や企業が立地する都心型の渋谷キャンパスと、衣・食・住・子ども・健康分野の教育・研究拠点として地域密着型で発展してきた日野キャンパスとの2校地体制で教育研究活動を行っています。

画像イメージ

 実践女子学園中学校高等学校では、女性の社会的自立を願った校祖(学祖)の理念を現代化した「3プラス1」の教育体制を推進。「キャリア教育」「感性表現教育」「国際交流教育」の3つを教育の3本柱とし、これに自己実現のための確かな学力向上をめざす「学力改革」を加えた独自の教育を推進しています。

変わらない実践

画像イメージ

 本学の校名である「実践」とは、学問を実際に役立てて実行するという意味です。実社会で活きる学問を身につけるために体験的な学びを多く取り入れる“実践的な教育”は、創立時から受け継がれている本学の根幹となる信念です。それは、実践女子学園各校に受け継がれ、女性の多様なライフステージに対応しうる実践力を身につけるための、様々な教育システムとして具現化されています。

画像イメージ

また、「品格ある女性」としての礼節やマナーを学ぶ機会が多いことも本学の特徴です。中学校高等学校での日本文化実習や礼法の授業、大学・短期大学部でのマナー教育、キャンパス内の茶室を利用した茶道教室の実施など、日々の学校生活を通じて自然とマナーが身につく環境を準備しています。

画像イメージ

 さらに、卒業生による同窓会組織である一般社団法人教育文化振興実践桜会の活動が、伝統的に非常に活発であることも本学の大きな特長のひとつです。大学・短期 大学部の各学科や高等学校の卒業生による科会による活動、全国各地の支部活動、働く実践卒業生のネットワークである「実践キャリアネット」などを通じ、卒業後も同窓生や学園とのつながりを深めていくことができます。2013年からは、実践女子学園と実践桜会との共催で、実践女子学園中学校高等学校卒業生のための「祝・成人の会」を実施。卒業生と学園との絆を一層深めるイベントとして、今後も継続していく予定です。

  • 画像イメージ