ここからページの本文です

人間社会学部公開講座「途上国で働く パートナーシップの国際協力」を開催します(6/30)

2018年05月17日

画像イメージ詳細はこちらPDFファイル(PDF 514KB)

急速に経済発展してきているアジア諸国と、私たちはどのように付き合っていけばよいのだろうか。先進国が途上国に一方的に「援助」するだけの時代ではもはやないのではないだろうか。逆に、私たちは途上国社会の仕組みや文化から何か学ぶことはないのだろうか。
 この公開講座では、東南アジア・西アジアの開発途上国で様々な立場で現地の人々と協同経験のある方々をお招きし、そのご経験をお話いただくとともに、現地の文化およびローカル・ニーズを尊重する「パートナーシップ」を目指した国際協力のあり方について討論します。

※入場無料、事前予約の必要はありません。

【日時】2018年6月30日(土)13:30~15:30

【会場】実践女子大学 渋谷キャンパス
    創立120周年記念館 5階 502教室

【内容】パネルディスカッション
    「途上国で働く パートナーシップの国際協力」
    パネリスト:小川佳子 氏(アイシーネット株式会社ODA事業部コンサルタント)
          功能聡子 氏(ARUN合同会社代表、認定NPO法人ARUN Seed代表理事)
          柴田 翔 氏(株式会社ニュージェック国際事業本部 開発コンサルタント)
    司 会:蒋 飛鴻 氏(人間社会学部准教授)
    コーディネーター:高橋美和 氏(人間社会学部教授)

≪お問合わせ先≫
実践女子大学 生涯学習センター
TEL 042-589-1212