理念と伝統

ここからページの本文です

歴代学長の想い

120年間変わらぬ伝統を守りつつ、変わる実践女子大学へ。

第14代学長 田島 眞第14代学長 田島 眞
(2013. 4. 1~)

(キャンパスガイド2014より)

 実践女子大学・短期大学は、2014年4月に文学部と人間社会学部、短期大学を東京都渋谷区に移転いたします。渋谷の地は、実践女子大学が開設されてから1985年まで開校していた地です。学祖ゆかりの地でもあります。実践女子大学の教育の目標、「品格高雅」・「自立自営」を達成するために、渋谷では品格高雅を第1目標に、日野では、自立自営を第一目標に掲げて、120年間変わらぬ伝統を守りつつ、変わる実践女子大学を目指します。

女性が社会を変える、世界を変える。

第13代学長 湯浅 茂雄(2007. 4. 1~)第13代学長 湯浅 茂雄
(2007. 4. 1~)

(キャンパスガイド2013より)

 学祖である下田歌子は、女性の社会的地位がほとんど問題視されなかった時代に「女性が社会を変える、世界を変える」という思いを強くし、社会に貢献できる女性の育成をめざしました。本学は、その理念と伝統を大切に受け継ぎながら時代の変化に柔軟に対応し、ほかでは真似のできない本学ならではの教育を実践しています。本学で学び続ける力を身につけ、人間的に大きく成長し、社会に貢献できる女性として羽ばたいてもらいたいと考えています。

本当の意味で自立した女性を育てたい。

第12代学長 飯塚 幸子(2001. 4. 1~)第12代学長 飯塚 幸子
(2001. 4. 1~)

(2005年度大学案内より)

 女性の生き方が多様化する現在、社会で自立して生きていくためには自分の考えをしっかり持つことがとても大切です。自ら試行錯誤し、自ら得たものを力にしっかりと生きていく。どんな困難にあっても自らの力でスマートに立ち向かっていく。ほんとうの意味で自立した女性を育てたいと思っています。

   

第11代学長 飯島 俊郎(1997. 4. 1~)第11代学長 飯島 俊郎(1997. 4. 1~)

   

第10代学長 分銅 惇作(1993. 4. 1~)第10代学長 分銅 惇作 (1993. 4. 1~)

  

第9代学長 吉川 正己(1988. 4. 1~)第9代学長 吉川 正己(1988. 4. 1~)

第8代学長 井本 農一(1984. 4. 1~)第8代学長 井本 農一(1984. 4. 1~)

第7代学長 多田 基(1978. 4. 1~)第7代学長 多田 基(1978. 4. 1~)

第6代学長 桂田 利吉(1974. 4. 1~)第6代学長 桂田 利吉(1974. 4. 1~)

第3, 5代学長 守隨 憲治(1961. 4. 1~,  1971. 4. 1~)第3, 5代学長 守隨 憲治(1961. 4. 1~, 1971. 4. 1~)

第2, 4代学長 山岸 徳平(1958.10. 1~、1966. 4. 1~)第2, 4代学長 山岸 徳平(1958.10. 1~、1966. 4. 1~)

初代学長 宇野 哲人(1949. 4. 1~)初代学長 宇野 哲人(1949. 4. 1~)