理念と伝統

ここからページの本文です

下田歌子の教育活動

下田歌子は、実践女子学園の創設以外にも女子教育者として様々な活動にその身を投じ、数多くの業績を残しました。ここではその一部をご紹介します。

一般女子のための学校教育

実践女学校・女子工芸学校

実践女学校・女子工芸学校(現在の実践女子学園)

 1899(明治32)年、帝国婦人協会の教育事業として東京麹町に設立、校長に就任。後に渋谷移転。下田歌子がその生涯をかけて運営と教育を行った学校であり、実践女子学園として現在まで女子教育の理念を引き継いでいます。

裁縫伝習所(後の新潟女子工芸学校、現在の新潟青陵学園)

 1900(明治33)年、帝国婦人協会新潟支会の事業として、勝間田千代子、千頭トクらと共に設立。実学教育を目指し、新潟県内の女子教育の中心となりました。1965(昭和40)年に名称を新潟青陵学園に改め、現在は男女共学の学園となっています。

順心女学校(後の順心女子学園、現在の順心広尾学園)

 1918(大正7)年、大日本婦人慈善会の事業として、板垣絹子(板垣退助の妻)により設立。下田歌子は招聘され、理事長・校長に就任。2007(平成19)年に順心広尾学園、広尾学園中学校・高等学校に改称し、男女共学の学園となっています。

淡海女子実務学校(後の淡海実践女学校、現在の淡海書道文化専門学校)

 1919(大正8)年、塚本さとが私財を投じて設立。下田歌子は、嘉悦孝子(嘉悦学園創設者)、杉浦重剛とともに顧問就任。後に校長就任。

逓信省附属明徳女学校

 1921(大正10)年、逓信省貯金局女子従業員の教育を目的として設立。校長に就任。

愛国夜間女学校

 1924(大正13)年、愛国婦人会の事業として設立、校長となる。夜間学校として、貧しい勤労少女の教育を行いました。

上流女子教育

桃夭塾(下田学校・桃夭学校)

 1882(明治15)年、宮中を辞した下田歌子は伊藤博文、山縣有朋、佐々木高行らにその才能を見込まれ、政府高官ら上流階級の子女を教育するべく下田学校(後に桃夭学校、桃夭塾)を開きます。これが、下田歌子による女子学校教育の始まりです。後に女子英学塾(現在の津田塾大学)を創設する津田梅子は、桃夭塾にて英語教師を務める傍ら下田歌子から国語と習字を習い、また下田歌子も津田梅子から英語を学んだことが知られています。

華族女学校・学習院女子部(現在の学習院女子大学)

 1885(明治18)年、近代日本に上流女子教育を実現するため、昭憲皇太后(明治天皇の皇后)の令旨のもと華族女学校が開校。前年より華族女学校の創設活動で中心的な役割を果たしていた下田歌子は、昭憲皇太后の意向を受け、幹事兼教授に就任。翌年には学監に任命され、その運営と教育にあたりました。華族女学校は徳育の重視、知育偏重からの脱却などを理念とし、質実剛健の気風が培われました。
 なお、このとき下田歌子が創案したのが、日本初の「女学校の制服」として知られる海老茶色の女袴です。歌子は宮中の袴をもとに、優美で実用性に優れたデザインの女袴を考案し、華族女学校の制服として導入したのでした。やがて海老茶色の女袴は当時の女学生の間で大人気となり、海老茶式部という言葉も生まれるほどでした。

皇女教育

 1896(明治29)年、明治天皇の第6・第7皇女常宮・周宮両内親王(のちの竹田宮・北白川宮両大妃)の御教育係を拝命。欧米女子教育視察の成果を生かし、体育・徳育・知育の方針の下で教育を行いました。両内親王は下田歌子のことを敬慕しており、晩年まで親交が深く、現在でも本学には竹田宮大妃昌子内親王の書蹟が保存されています。

教科書編纂

国文小学読本

 1887(明治20)年、明治政府による教科書の検定制度が確立される中で、下田歌子は初等教育で使用する教科書として『国文教科書読本』(全8巻)の編纂を行います。初等教育における教科書を通じた国民の啓蒙を意図しつつ、児童に親しみやすい絵入りの教科書でした。

和文教科書

 1889(明治22)年、華族女学校の運営と教職に従事するかたわら、下田歌子は華族女学校の女生徒が和文を学ぶための教科書として『和文教科書』(全10巻)の編纂を行いました。文法、読み方、作文、作歌などにおいて分析的・論理的な内容となっています。

家政学・新選家政学

家政学・新選家政学

 明治時代、文明開化による欧米文化吸収が進む中で、日本にも家政学が誕生します。当初は西洋の翻訳をもとに教育が行われていましたが、下田歌子は「日本独自の家政学」を研究し、誰にでも読める書物とする必要を感じていました。1893(明治26)年、下田歌子は『家政学』(全2巻)を執筆、刊行します。これにより、日本で初めて家政学の体系化が行われ、またその基礎となる教科書がつくられました。その後、1900(明治33)年には欧米視察によって得た知見をもとに加筆修正を加えた『新選家政学』(全2巻)を刊行。この『新選家政学』は清国からの留学生によって翻訳・再編集され、清国で『聶氏重編家政学』(1903年)として出版されました。

通信教育

 下田歌子は、経済的・地理的な理由により勉学の機会に恵まれない女子に対しても、何らかの方法で教育を行う必要を感じていました。この想いから「大日本実修女学会」を設立し、1926(大正15)年に『実修女学講義録』を刊行します。学校に通うことのできない女子に対する、通信教育事業が行われました。

校歌作詞

 下田歌子は、実践女子学園の校歌だけでなく、様々な学校の校歌を作詞しました。恵那市立岩邑小学校をはじめ、岐阜県やその近隣の学校で校歌を作詞したことが知られています。下田歌子の校歌作詞については、現在本学の「下田歌子研究所」が調査研究を行っています。