理念と伝統

ここからページの本文です

校章

桜花が紡ぐ、伝統の絆。

画像イメージ

校章

桜花をデザインした校章は、学園の創立より絶えることなく受け継がれる伝統です。

実践女学校・女子工芸学校の設立母体となった帝国婦人協会は、その規則において次のとおり定めています。帝国婦人協会規則第九条「本会ノ徽章は桜花トシ之ヲ左ノ三種ニ別ス」。
以来、時代によって様々に変容した校章ですが、桜花のデザインは常に受け継がれています。
現在の実践女子大学・短期大学の校章は、桜花の中心に「大學」の字が刻まれたデザイン。1949(昭和24)年頃から使用されています。

校章