画像イメージ

ここからページの本文です

2017年9月(その2)

環境・エネルギー領域の教員が国内学会で発表してきました(福井県・その2)

学会出張報告の続きです。(菅野准教授)

環境問題、特にエネルギーに関することについて検討する場合や、
再エネや火力など各種発電、原子力発電について是非を語るには、
やはりあらゆるエネルギーの仕組みについて理解しておく必要があると感じています。

2日目の午前は一般発表の後、午後は学会に主催していただいた発電所見学会です。
私は高速増殖原型炉もんじゅの見学を選びました。

発電所敷地内の撮影は禁止ですが、発電所の手前(といってもトンネルを隔てた場所)にあるPR施設からの撮影は許可されました。望遠状態になりますが。
その後、厳重な身分証明書確認があり、発電所敷地内に入りましたが、展望台からの説明見学となりました。

しかしながら、PR施設の展示や説明は充実していましたし、展望台から、もんじゅの全景(撮影不可)を見られたことも貴重な体験でした。

画像イメージ高速増殖原型炉もんじゅ の遠景

もんじゅの見学後、学会会場を後にして、私は敦賀市中心部にある
原子力の科学館あっとほうむ に向かいました。

日曜だったこともあり、親子連れで賑わっていました。
こちらの科学館は子供向けの遊具が豊富でしたが、
いずれも原子力発電や各種発電の仕組を模擬しており、
なるほどと思わせる素晴らしい遊具ばかりでした。

特に核分裂反応や発電の仕組について詳しく解説されていました。
福井県内の原発の情報も表示されています。
見学無料ですが、かなり高台に位置しているため、交通手段は確認しておいたほうが良いです。

画像イメージ原子力の科学館あっとほうむ

原子力に関する施設見学は以上です。
下の写真は、学会会場の帰路の途中にあった海岸です。

ちょうど8月中旬でしたので海水浴場は賑わっていたようです。
特に、遠目から見ても海がとてもきれいでした。

画像イメージ敦賀半島の海水浴場(遠景)

帰路の電車まで時間があったため、敦賀市中心部の海沿いまで行ってみました。
この敦賀湾付近には、赤レンガ倉庫、人道の港敦賀ムゼウム、旧敦賀港駅舎などがあり、その前はボードウォークとなっていました。

太陽ときれいな海面を見ながら、しばしの心の洗濯です。
敦賀は初めてでしたが、原発に関する展示施設が多く、自然が豊かで、とても充実した時間になりました。

画像イメージ敦賀湾 赤レンガ倉庫付近のボードウォーク