実践女子大学/実践女子短期大学

学習ポートフォリオを活用したキャリア形成支援の重層的展開

実践女子短期大学 学生支援推進プログラム
「学習ポートフォリオを活用したキャリア形成支援の重層的展開」

文部科学省平成21年度「大学教育・学生支援推進事業」学生支援推進プログラムに採択されました。

プロジェクトの趣旨・目的

学生への支援

実践女子短期大学では、学生がキャリア教育で学んだことや就職活動を行ってきた記録を自らの手によって学習ポートフォリオに蓄積し、必要に応じて自己の学習ポートフォリオから情報を引き出しながらキャリア意識の向上を図り、より良い就職につなげます。この 学習ポートフォリオは、学生本人が利用するだけでなく、教員や職員の学生に対するキャリア支援にも有効活用されます。また将来は、卒業生からの支援の取り込みも視野に入れ、更に学生達が卒業後も本システムを活用できるような重層的な展開を想定しています。

本学の教育・キャリア形成へのビジョン

実践女子短期大学では、2004年4月から全4学科共通の選択科目として「キャリアプランニング」を設置して、学生のキャリア教育を推し進めてきました。2009年4月から、社会で求められる有為な人材を育成するために、「実践力と人間力を持つ女性の育成」を目標に掲げ、初年次教育「実践入門セミナー」とキャリア教育「実践キャリアプランニング」の全学必修を柱とした新共通教育をスタートさせました。特に、「実践キャリアプランニング」では、卒業後の職業キャリアと人生キャリアを視野に入れた充実したキャンパスライフを設計します。

教育目標

私たちの教育目標は、「確実な自己理解を背景に向上心のある女性の育成」です。「学習ポートフォリオ」のシステムでは、在学時代の様々な活動記録が個人のファイルに蓄積されていきます。その活動記録を通じて、学生自身が成長の跡を確認しながらキャリア形成をし、自分自身を見つめ直していく環境を提供していきたいと考えています。

※「学習ポートフォリオ」とは、学生が経験するさまざまなことや学習上の成果を記録する個人のプライベート・ファイルのことを言います。

画像イメージ図を拡大する画像ファイル(画像 125KB)