画像イメージ

ここからページの本文です

学習サポート

 一人ひとりの学びをサポートするために、様々な制度を用意しています。学生と教職員との距離が近いアットホームな環境の下、学生の新しいチャレンジを応援します。

クラス担任制

画像イメージ

 各クラスには専任教員による担任あるいはアカデミック・アドバイザーが置かれています。担任は学生みなさんが有意義な学生生活を送ることができるよう指導助言にあたっています。何か困ったことや悩みごとがある場合には、積極的にクラス担任やアカデミック・アドバイザーに相談してください。

<相談内容(例)>
学習、学生生活、進路、就職に関することなど

助手

画像イメージ

 助手とは、学生が有意義な学生生活を送るために、さまざまな場面サポ—トをしてくれる強い味方です。大学の学びである実習や演習でわからないところを気兼ねなく訊ねたり、ゼミの活動や卒業研究のアドバイスをしてくれたりさまざまなサポートをしてくれます。
 また、本学の先輩が多い助手は、学生と教員の橋渡し役として、学びをサポートしてくれます。

Lunchtime English / Kaffeeklatsch(カフェクラッチ)

画像イメージ「Lunchtime English」

画像イメージ「Kaffeeklatsch」

 フランクな雰囲気で英語に触れられる機会をさまざまな形で用意しています。

・「Lunchtime English(ランチタイム・イングリッシュ)」
 お昼休みに教員と学生がランチをとりながら英語でおしゃべりするという取り組みです。授業よりもリラックスして学生が英語を話せる機会をつくりたいという想いで始まりました。週に1回、外国語教師や時には留学生も交え、英語で会話しながら楽しくお昼休みを過ごします。

・「Kaffeeklatsch(カフェクラッチ)」
「カフェクラッチ」は、ドイツ語で「コーヒーを飲みながら気軽におしゃべりをする」という意味です。この取り組みは、学生だけで気軽に英語で話せる環境を提供したいという想いで始まりました。こちらも週に1回、Conversationリーダーと呼ばれる学生リーダーを中心に、毎回テーマに沿ってみんなで楽しく英語でおしゃべりします。

 どちらの取り組みも、少人数グループで行うので、より積極的に会話に参加することができます。また、学部学年関係なく参加することができるので、交友関係も広まります。

キャンパスメンバーズ

画像イメージ東京国立博物館

 キャンパスメンバーズとは、美術館および博物館で入館時に学生証を提示することで、平常展(国立新美術館を除く)が無料で観覧でき、また特別展やイベントの料金が割引になる制度です。  学生の学習、研究活動、文化活動がより充実することを目的として本学では平成22年度からキャンパスメンバーズに加入しています。ぜひ積極的に活用してください。

2016年度に利用できる美術館および博物館は、以下のとおりです。