画像イメージ

ここからページの本文です

生活心理専攻

私たちの生活を心理学の視点から探求し、
身近な問題点や課題を解決に導く力を育てます。

 心理学を学び、身近な生活のなかで感じる疑問について考えることで、多様な進路を可能にする専門性とスキルを身につけます。また、さまざまなフィールドでの実習で経験を重ね、人が生活する社会、家族、健康について心理学の視点から、子どもから大人までの幅広いライフステージを対象として探求します。

進路に応じ、次の3つの緩やかなコースプログラムを選択します。

①公認心理師(国家資格)コースプログラム
心理支援専門職として福祉・医療・教育現場で対人支援を行います。

②家庭科教員コースプログラム
カウンセリングマインドを具備し、様々な生徒に対応できる家庭科教員として活躍します。

③キャリア心理コースプログラム
カウンセリングマインドを持ち備えたキャリアウーマンとして働きます。

生活心理専攻の  「公認心理師(国家資格)コースプログラム」では、2019年度新入生より、国家資格・公認心理師
カリキュラムに対応します。

詳しくはこちらをご覧ください。


カリキュラムと授業紹介

カリキュラムと授業紹介

専攻のカリキュラムのポイント、授業科目をご覧いただけます。

卒業生進路・資格

卒業生進路・資格

卒業後の進路や取得資格についてご覧いただけます。

※2014年4月入学生から生活文化学科生活文化専攻は生活文化学科生活心理専攻へ名称変更しました。