画像イメージ

ここからページの本文です

長谷川 恭子

長谷川 恭子

生活科学部 生活文化学科 助教

長谷川 恭子(はせがわ きょうこ)

HASEGAWA Kyoko

研究室
日野キャンパス 第4館441
専門分野・専攻
音楽教育(幼児教育、初等教育、初等音楽科教育史)、演奏(ピアノ)
教育研究情報
研究者情報データベースへのリンク別ウィンドウ

最近の研究テーマ等

日本の音楽科における階名唱法の変遷と指導法について研究しています。階名唱法を用いて歌唱することは、音楽の構成を理解したり和声や音そのものの機能を感じるうえで重要な活動です。しかし日本では、この使用について音名唱と比較して未だ議論されている問題です。この問題を解決する参考として、階名唱法により音楽教育を始めるコダーイ・コンセプト(ハンガリー)も研究しています。

主な担当授業と概要

音楽

幼稚園教諭と小学校教諭の免許取得に必要な科目です。音楽教育の概要やアカペラ合唱など実技をとおして、教育者となる学生のみなさんが音楽の楽しさを知り、自身の音楽教育観について考えることを目指しています。

初等教科教育法(音楽)

小学校教員免許取得のための授業です。音楽科の授業に必要な知識と技術を身につけたのち、模擬授業を行うことをとおして、小学校における音楽教育者になれることを目的としています。

研究室・ゼミ紹介

音楽教育を専門とする研究室です。私の専門は幼児・児童の音楽の基礎教育、ピアノ、音楽教育史です。幼児教育、小学校教育に携わることを目指す学生さんや、音楽に関わる研究をしている学生さんの相談にのっています。研究室には電子ピアノを置いていますので、授業外でも相談があればピアノや音楽の指導をしています。

趣味・特技

趣味はブロックフレーテ(リコーダー)です。小学生の時に「リコーダーアンサンブル部」に所属していました。演奏会で演奏することもあり、ソプラニーノ、ソプラノ、アルト、テナーなど、木製のものを少しずつ集めています。絵を描くことも好きで、子どもの頃はマンガを描いたりしていました。高校時代は美術部に所属していました。

受験生へのメッセージ

音楽は人生を豊かにする文化のひとつであり、保育者や教員はそれをはじめに子どもに伝える存在です。そのためには、みなさんが音楽とはどのようなものかを知り、音楽の美しさや楽しさを知っている必要があります。保育の現場では、音楽は必ずしも独立した活動ではなく、他の活動と結びついていることが多くあります。そのような未分化な環境のなかで、子どもに音楽のすばらしさや美しさ、楽しさをどのように伝えたらよいのか考え、保育現場で保育者が子どもと音楽活動をする意義について自分なりの意見を持てるように、一緒に勉強しましょう。