画像イメージ

ここからページの本文です

教員紹介

実践女子大学

実践女子大学短期大学部

実践女子大学大学院

国文学科

氏名 役職 専門分野・専攻
佐藤 悟 教授、学科主任 日本近世文学
池田 三枝子 教授、学長補佐 わが国最古の歌集である『万葉集』を中心に、上代文学(奈良時代以前の文学)を研究しています。上代文学のおもしろさは、日本古来の呪術的な要素と、当時最高の先進国であった中国や朝鮮半島諸国から受けた影響とが複雑に混じり合っているところにあります。
影山 輝國 教授、生涯学習センター長 中国哲学(特に、古代思想)
栗原 敦 教授、文学部長、学園理事 日本近代文学
近藤 みゆき 教授 平安文学・和歌文学
棚田 輝嘉 教授 明治・大正・昭和・平成の日本の近代文学、および、近代文化に関する研究。特に文学作品の生成に関する研究や、近現代のポップカルチャーの意味や意義に関する研究。
牧野 和夫 教授 日本中世文学, 書誌学
山内 博之 教授、言語文化教育研究センター長 日本語教育
湯浅 茂雄 教授、下田歌子研究所長 国語学 (近代語)
横井 孝 教授、文芸資料研究所長 日本古代後期の散文文学
(『源氏物語』を中心とする物語、『紫式部日記』『更級日記』などの日記文学)
河野 龍也 准教授 日本近代文学
福嶋 健伸 准教授  「日本語学(主に古文文法です)」「初年次教育やキャリア教育、入学前教育を念頭に置いた、日本語表現(教科書を三冊作りました)」「日本語学教育(より良い日本語学の授業を模索しています)」「国語教育や日本語教育(ことばの教育に興味があります)」
ブルナ ルカーシュ 助教 近代文学

英文学科

氏名 役職 専門分野・専攻
稲垣 伸一 教授、 学科主任、 専攻主任 19世紀アメリカ文学・文化。特に関心のある作家はNathaniel Hawthorne、その他にはHenry James, William Dean Howells, Mark Twainなどリアリズム作家、Stephen Craneなど自然主義作家。これらの作家とその時代の社会・文化的事象との関係。
植野 達郎 教授 アメリカ文学(1920年代以降の現代アメリカ小説)
大関 啓子 教授、図書館長 イギリス文学・比較文化,下田歌子研究
島 高行 教授 近代イギリス小説
難波 雅紀 教授 アメリカ文学・文化
村上 まどか 教授 英語学、生成文法
佐々木 真理 准教授 19世紀後半から20世紀前半にかけて英語圏で活躍した女性作家の作品と思想の変容について
志渡岡 理恵 准教授 イギリス文学・女性文学
土屋 結城 准教授 イギリス文学
深瀬 有希子 准教授 現代アフリカ系アメリカ文学(ゾラ・ニール・ハーストンやトニ・モリスン)にみる、多民族多文化社会の形成。
猪熊 作巳 専任講師 理論言語学 生成文法理論 言語の進化的・生物学的基盤
吉本 真由美 助教 英語学

美学美術史学科

氏名 役職 専門分野・専攻
宮崎 法子 教授、学科主任、専攻主任、博物館学課程主任 美術史 (中国美術史)
児島 薫 教授 日本の近代、現代の美術。絵画を中心に、それをとりまく展覧会、美術館といった制度、社会についても研究しています。
椎原 伸博 教授 美学・芸術学 アートマネジメント 
仲町 啓子 教授、香雪記念資料館長 日本美術史
武笠 朗 教授 日本東洋美術史、仏教美術史、日本彫刻史。平安後期における和様彫刻の成立と展開。
六人部 昭典 教授 西洋近代美術史(19〜20世紀の西洋美術)。モネなどの印象主義絵画や、セザンヌやゴーガンなど、印象派以後の画家たち、そしてマティスやピカソなどが提起した変革を研究しています。
駒田 亜紀子 准教授 西洋美術史(特に中世後期・末期の彩飾写本)
下山 肇 准教授 空間デザイン、造形、グラフィックデザイン、創造力開発系アートプログラム開発
降旗 芳彦 准教授 哲学・倫理学を研究分野としていますが、特にヨーロッパの古代・中世の倫理思想に関連する問題の中から、現代の倫理学にも共通する問題を取り上げて研究しています。
織田 涼子 専任講師 日本画
中村 友代 助教 西洋古代美術史(特にクラシック期〜ヘレニズム期の古代ギリシア美術)

食生活科学科

氏名 役職 専門分野・専攻
松島 照彦 教授、学科主任、専攻主任、学長補佐 臨床栄養学、食物栄養学、栄養代謝学、脂質代謝学、動脈硬化学
秋田 修 教授、大学教育研究センター長 応用微生物学・醸造学(発酵食品)・農芸化学
阿尻 貞三 教授 生物学・解剖学・解剖生理学実験
井部 明広 教授 食品衛生学・衛生化学
於保 祐子 教授 応用栄養学
数野 千恵子 教授 調理科学
佐藤 恭信 教授、学生相談センター長 公衆衛生学
澤山 茂 教授 調理科学分野
白尾 美佳 教授、学生部長 食品学、食品栄養学
中川 靖枝 教授 食物栄養学・栄養教育学・公衆栄養学
長谷川 めぐみ 教授 公衆栄養学,栄養教育論,栄養指導論,国際栄養学
細川 優 教授 栄養生化学、分子栄養学。特に、メチオニンからシステインを経てタウリンに至る含硫アミノ酸代謝について、ホルモンや体内の栄養状態あるいは身体組成の変化が及ぼす影響を専門的に研究している。
山﨑 壮 教授 食品衛生学、天然物化学、免疫化学
山田 茂 教授 スポーツ栄養学、運動生化学、運動生理学、栄養生理学
加藤 チイ 准教授 病態栄養学
木川 眞美 准教授 応用栄養学・食生活学
佐藤 幸子 准教授 調理学, 調理科学,食文化
奈良 一寛 准教授 食品化学
松岡 康浩 准教授 食品産業学、食品開発、機能性食品
辛島 順子 専任講師 臨床栄養学、健康心理学
森川 希 専任講師 公衆栄養学、栄養疫学

生活環境学科

氏名 役職 専門分野・専攻
牛腸 ヒロミ 教授、学科主任 アパレル管理学、染色加工学、生活素材科学、生活科学
川上 梅 教授 家政学/被服学/被服心理学/被服構成学
佐藤 健 教授 人間工学・認知神経科学
城島 栄一郎 教授、生活科学部長、学園理事 テキスタル材料・繊維材料・高分子材料の構造と物性が専門で、生活環境学科で取り扱う衣服やインテリア製品を構成する素材の研究です。
髙田 典夫 教授、キャンパス計画室長 建築デザイン,まちづくり, 都市計画, 建築計画
橘 弘志 教授 建築計画学,福祉施設計画,環境行動研究
塚原 肇 教授 プロダクトデザイン
ユニバーサルデザイン
槙 究 教授 環境心理学・色彩計画
環境心理学では、特に評価構造や印象評価に関わることをやってきました。色彩計画についても、印象評価を通じて人のカラーの捉え方を明らかにし、デザインに適用できる知見を生みだすことをメインにやってきています。
山崎 和彦 教授 生理人類学、温熱生理学、工業デザイン
大川 知子 准教授 経営学、ファッション・ビジネス、企業経営史
稲垣 サナエ 助教 染色加工学
 染色加工とは繊維製品を染色するときに用いられる染料の種類やどのように染まるのかといった染色理論のほか、プリーツ加工や柔軟加工など、さまざまな処理・仕上げ加工と広義にわたります。
 その中で主に染色に関する研究をおこなっています。

生活文化学科

氏名 役職 専門分野・専攻
松田 純子 教授、学科主任 専門分野は「保育学」です。一人ひとりの子どもの発達を支え、人間性を涵養する「保育」という営みは、人間にとって大事な営みです。子どもが健全に育つために、本当に大切なこと、必要なことは何かを明らかにする学問が保育学です。
高橋 桂子 教授 専門は「生活経営学」(family resource management)、専攻は生活経済学(household economics)です。生活経営学は、自分や家族が持っている知識、体力、時間、エネルギー、経済力や友人関係などを通してより良い生活環境を構築していくための意思決定の在り方を考える学問です。
田中 正浩 教授 教育学
長崎 勤 教授 教育心理学、発達支援学
南雲 成二 教授 国語教育・教師教育・初等教育実践研究(学校教育学専攻)
細江 容子 教授 社会老年学、家族社会学、家族関係学
本間 洋子 教授 小児科学、周産期医学、特に新生児の新生児の子宮内感染症が生後の呼吸に及ぼす影響、新生児の呼吸生理、ハイリスク児のフォローアップ、母子支援
井口 眞美 准教授 幼児教育学
幼稚園・保育所をフィールドとし、保育者の方々と連携を図りながら保育の質、幼保小の連携等のテーマで現場に密着した研究を行っています。その中で保育現場に還元できる実践的な研究の在り方を探っています。 
島崎 あかね 准教授 運動生理学、環境共生学
塚原 拓馬 准教授 生涯発達心理学、臨床心理学、社会心理学
水野 いずみ 准教授 社会心理学, 家族関係
渡辺 敏 准教授 初等教育(算数)
作田 由衣子 専任講師 認知心理学、知覚心理学
長谷川 恭子 助教 音楽教育(幼児教育、初等教育、初等音楽科教育史)、演奏(ピアノ)

現代生活学科

氏名 役職 専門分野・専攻
須賀 由紀子 教授、学科主任 余暇・生活文化論
犬塚 潤一郎 教授 情報文化学,風土学 (哲学思想研究を基盤に、現代社会と人間の問題の研究に取り組んでいます)
行実 洋一 教授 メディア・コミュニケーション論、映像文化論、起業論
菅野 元行 准教授 環境科学、エネルギー科学、環境化学、エネルギー資源化学、有機化学
野津 喬 准教授 公共政策学、公共経済学
河井 延晃 専任講師 情報学(情報の思想、メディア理論、システム理論など)

人間社会学科

氏名 役職 専門分野・専攻
竹内 美香 教授、学科主任 心理学 (教育・健康・発達心理学)
粟津 俊二 教授 心理学(認知心理学・学習心理学)
飯田 良明 教授 社会学・社会心理学をベースにマスコミュニケーション論、情報社会論と幅広い領域をカバーしている。 そうした専門を活用して放送大学で実験放送時(1983年)から5年間「マス・コミュニケーション論1」を部分担当。 さらに2011年3月の番組終了までNHKラジオ第一の「新聞を読んで」を16年間担当。全国紙5紙の1週間の記事を比較し、問題点を指摘する番組。
広井 多鶴子 教授、人間社会学部長、学園理事 教育社会学、家族社会学
松浦 常夫 教授 交通心理学を専門としています。交通心理学というのは、主として自動車交通に起因する交通事故、運転者・歩行者行動、運転者・歩行者教育、交通参加者に関わる道路交通環境、移動に伴う快適性など、交通に関わる応用心理学の1分野です。
阿佐美 敦子 准教授 外国人とのコミュニケーションの機会が急激に増えている今日では、異なる文化的背景を持つ人々との日常的なやり取りが特別なことではなく、日常的な、言い換えれば不可避になってきています。相手を知らないという事実は、些細な違いから事実と異なる誤解を容易に生じさせ、ひいては無知は恐れ、嫌悪の引き金となりかねません。「異文化コミュニケーション」は、他者といかに良い関係を築いていけるのかを研究する学問分野です。
竹内 光悦 准教授、情報センター長 統計科学、行動計量学、統計教育
原田 謙 准教授 都市社会学、社会老年学、社会調査法
松下 慶太 准教授 メディア論、若者論、学習論、コミュニケーション・デザイン
山根 純佳 准教授 ジェンダー論・社会学

現代社会学科

氏名 役職 専門分野・専攻
谷内 篤博 教授、学科主任、専攻主任、博物館学課程主任キャリアセンター長 人的資源管理(HRM)、組織行動論(OB)、キャリア・マネジメント論
数野 昌三 教授 民法
角本 伸晃 教授 地域経済学、都市経済学、観光経済学
柑本 英雄 教授 国際政治学
髙木 裕子 教授 言語教育学、教育工学、情報科学
山下 早代子 教授 応用言語学、社会言語学、異文化間比較語用論、第二言語習得理論、英語教育学
斎藤 明 准教授 マーケティング
篠﨑 香織 准教授 経営学(戦略論・組織論)
蒋 飛鴻 准教授 会計学
高橋 意智郎 准教授 国際ビジネス研究
企業が国境を超えることに伴う諸問題を解明することを試みる研究分野であり、経済学、経営学、社会学、マーケティング論、商学、文化論、史学など様々な学問の理論、概念、研究方法を適用しています。
金津 謙 専任講師 消費者保護法、経済法

教職課程

氏名 役職 専門分野・専攻
柏崎 秀子 教授、課程主任 教育心理学・言語心理学
菅沢 茂 教授 教育学(教師教育・教員養成・学校経営・カリキュラム論・特別活動)
清田 夏代 教授 教育学、教育行政学

図書館学課程

氏名 役職 専門分野・専攻
塚原 博 教授、課程主任 図書館情報学 ・児童図書館学
安藤 友張 教授 図書館情報学

博物館学課程

氏名 役職 専門分野・専攻
中村 玲 助教、実践女子学園香雪記念資料館学芸員 日本近世美術史

文芸資料研究所

氏名 役職 専門分野・専攻
上野 英子 教授 日本古代前期の散文文学

言語文化教育研究センター

氏名 役職 専門分野・専攻
ブラック ヨーガン 教授 TESOL (Teaching English to Speakers of Other Languages)
Deutsch als Fremdsprache
シュニッケル ジェイコブ 准教授 TESOL (Teaching English to Speakers of Other Languages)
中山 誠一 准教授 英語教育学・学習開発学

大学教育研究センター

氏名 役職 専門分野・専攻
眞鍋 清嗣 特任教授 「キャリア開発」「人材育成論」:大学卒業後入社した会社を3年で3割が離職するという新社会人にとり、新しい環境の中で適合することの難しい時代。どう社会や企業を捉え対応していかなければならないかを世代論・教育論とともに学ぶ
深澤 晶久 特任教授 キャリア教育

日本語コミュニケーション学科

氏名 役職 専門分野・専攻
佐藤 辰雄 教授、学科主任 説話文学
小林 修 教授 日本近代文学
髙瀨 真理子 教授、短期大学部長、学園理事 日本近代文学
竹内 敏晴 教授 日本教育史(近代日本教員史)
近代日本における教員の組織的な運動(とくに自由民権運動と教師、県教育会と私立教育会における活動など)について、埼玉県をフィールドワークに考えています。  
板倉 文彦 准教授、学長補佐 情報学、経営学
大塚 みさ 准教授 日本語学(語彙意味論・辞書学)
西脇 智子 准教授 社会福祉学・保健医療社会学

英語コミュニケーション学科

氏名 役職 専門分野・専攻
武内 一良 教授、学科主任 観光学(観光情報論、国際観光論)
寺出 浩司 教授 生活構造論
人間の生活の構造(仕組み)と機能(役割)を、社会や経済などの環境条件とのかかわりの中で、総合的に考えていこうとする学問です。人間生活への社会科学的アプローチであるとも言えます。
萩野 敏 教授 英語教育学
三田 薫 教授、短期大学部言語文化教育研究センター長 言語学、英語教育学
大倉 恭輔 准教授 社会心理学・コミュニケーション論
藤原 正道 准教授 英語学・認知言語学
イスティチョアイア, アナマリア 専任講師 TESOL- My area of expertise is teaching English as a second or foreign language to speakers of other languages. I take the communicative approach to teaching languages which emphasizes learning a language first and foremost for the purpose of communicating with others.
栗田 梨津子 専任講師 文化人類学を主軸とする、特にオーストラリアの都市で生活する先住民のアイデンティティに関する研究を行っています。過去には、先住民コミュニティでの現地調査を基に、都市先住民による文化やアイデンティティの再構築について考察しました。

短期大学部図書館学課程

氏名 役職 専門分野・専攻
松尾 昇治 教授、短期大学部教育研究センター長 図書館情報学

国文学専攻

氏名 役職 専門分野・専攻
佐藤 悟 教授、学科主任 日本近世文学
池田 三枝子 教授、学長補佐 わが国最古の歌集である『万葉集』を中心に、上代文学(奈良時代以前の文学)を研究しています。上代文学のおもしろさは、日本古来の呪術的な要素と、当時最高の先進国であった中国や朝鮮半島諸国から受けた影響とが複雑に混じり合っているところにあります。
影山 輝國 教授、生涯学習センター長 中国哲学(特に、古代思想)
栗原 敦 教授、文学部長、学園理事 日本近代文学
棚田 輝嘉 教授 明治・大正・昭和・平成の日本の近代文学、および、近代文化に関する研究。特に文学作品の生成に関する研究や、近現代のポップカルチャーの意味や意義に関する研究。
牧野 和夫 教授 日本中世文学, 書誌学
山内 博之 教授、言語文化教育研究センター長 日本語教育
湯浅 茂雄 教授、下田歌子研究所長 国語学 (近代語)
横井 孝 教授、文芸資料研究所長 日本古代後期の散文文学
(『源氏物語』を中心とする物語、『紫式部日記』『更級日記』などの日記文学)
福嶋 健伸 准教授  「日本語学(主に古文文法です)」「初年次教育やキャリア教育、入学前教育を念頭に置いた、日本語表現(教科書を三冊作りました)」「日本語学教育(より良い日本語学の授業を模索しています)」「国語教育や日本語教育(ことばの教育に興味があります)」

英文学専攻

氏名 役職 専門分野・専攻
稲垣 伸一 教授、 学科主任、 専攻主任 19世紀アメリカ文学・文化。特に関心のある作家はNathaniel Hawthorne、その他にはHenry James, William Dean Howells, Mark Twainなどリアリズム作家、Stephen Craneなど自然主義作家。これらの作家とその時代の社会・文化的事象との関係。
植野 達郎 教授 アメリカ文学(1920年代以降の現代アメリカ小説)
大関 啓子 教授、図書館長 イギリス文学・比較文化,下田歌子研究
島 高行 教授 近代イギリス小説
村上 まどか 教授 英語学、生成文法
佐々木 真理 准教授 19世紀後半から20世紀前半にかけて英語圏で活躍した女性作家の作品と思想の変容について
志渡岡 理恵 准教授 イギリス文学・女性文学
土屋 結城 准教授 イギリス文学
猪熊 作巳 専任講師 理論言語学 生成文法理論 言語の進化的・生物学的基盤

美術史学専攻

氏名 役職 専門分野・専攻
宮崎 法子 教授、学科主任、専攻主任、博物館学課程主任 美術史 (中国美術史)
児島 薫 教授 日本の近代、現代の美術。絵画を中心に、それをとりまく展覧会、美術館といった制度、社会についても研究しています。
椎原 伸博 教授 美学・芸術学 アートマネジメント 
仲町 啓子 教授、香雪記念資料館長 日本美術史
武笠 朗 教授 日本東洋美術史、仏教美術史、日本彫刻史。平安後期における和様彫刻の成立と展開。
六人部 昭典 教授 西洋近代美術史(19〜20世紀の西洋美術)。モネなどの印象主義絵画や、セザンヌやゴーガンなど、印象派以後の画家たち、そしてマティスやピカソなどが提起した変革を研究しています。
駒田 亜紀子 准教授 西洋美術史(特に中世後期・末期の彩飾写本)

食物栄養学専攻

氏名 役職 専門分野・専攻
松島 照彦 教授、学科主任、専攻主任、学長補佐 臨床栄養学、食物栄養学、栄養代謝学、脂質代謝学、動脈硬化学
秋田 修 教授、大学教育研究センター長 応用微生物学・醸造学(発酵食品)・農芸化学
井部 明広 教授 食品衛生学・衛生化学
数野 千恵子 教授 調理科学
佐藤 恭信 教授、学生相談センター長 公衆衛生学
澤山 茂 教授 調理科学分野
白尾 美佳 教授、学生部長 食品学、食品栄養学
中川 靖枝 教授 食物栄養学・栄養教育学・公衆栄養学
細川 優 教授 栄養生化学、分子栄養学。特に、メチオニンからシステインを経てタウリンに至る含硫アミノ酸代謝について、ホルモンや体内の栄養状態あるいは身体組成の変化が及ぼす影響を専門的に研究している。
山﨑 壮 教授 食品衛生学、天然物化学、免疫化学
山田 茂 教授 スポーツ栄養学、運動生化学、運動生理学、栄養生理学

生活環境学専攻

氏名 役職 専門分野・専攻
牛腸 ヒロミ 教授、学科主任 アパレル管理学、染色加工学、生活素材科学、生活科学
川上 梅 教授 家政学/被服学/被服心理学/被服構成学
佐藤 健 教授 人間工学・認知神経科学
城島 栄一郎 教授、生活科学部長、学園理事 テキスタル材料・繊維材料・高分子材料の構造と物性が専門で、生活環境学科で取り扱う衣服やインテリア製品を構成する素材の研究です。
髙田 典夫 教授、キャンパス計画室長 建築デザイン,まちづくり, 都市計画, 建築計画
橘 弘志 教授 建築計画学,福祉施設計画,環境行動研究
塚原 肇 教授 プロダクトデザイン
ユニバーサルデザイン
槙 究 教授 環境心理学・色彩計画
環境心理学では、特に評価構造や印象評価に関わることをやってきました。色彩計画についても、印象評価を通じて人のカラーの捉え方を明らかにし、デザインに適用できる知見を生みだすことをメインにやってきています。
山崎 和彦 教授 生理人類学、温熱生理学、工業デザイン
大川 知子 准教授 経営学、ファッション・ビジネス、企業経営史

人間社会専攻

氏名 役職 専門分野・専攻
竹内 美香 教授、学科主任 心理学 (教育・健康・発達心理学)
粟津 俊二 教授 心理学(認知心理学・学習心理学)
飯田 良明 教授 社会学・社会心理学をベースにマスコミュニケーション論、情報社会論と幅広い領域をカバーしている。 そうした専門を活用して放送大学で実験放送時(1983年)から5年間「マス・コミュニケーション論1」を部分担当。 さらに2011年3月の番組終了までNHKラジオ第一の「新聞を読んで」を16年間担当。全国紙5紙の1週間の記事を比較し、問題点を指摘する番組。
広井 多鶴子 教授、人間社会学部長、学園理事 教育社会学、家族社会学
松浦 常夫 教授 交通心理学を専門としています。交通心理学というのは、主として自動車交通に起因する交通事故、運転者・歩行者行動、運転者・歩行者教育、交通参加者に関わる道路交通環境、移動に伴う快適性など、交通に関わる応用心理学の1分野です。
竹内 光悦 准教授、情報センター長 統計科学、行動計量学、統計教育
松下 慶太 准教授 メディア論、若者論、学習論、コミュニケーション・デザイン
山根 純佳 准教授 ジェンダー論・社会学
谷内 篤博 教授、学科主任、専攻主任、博物館学課程主任キャリアセンター長 人的資源管理(HRM)、組織行動論(OB)、キャリア・マネジメント論
数野 昌三 教授 民法
角本 伸晃 教授 地域経済学、都市経済学、観光経済学
柑本 英雄 教授 国際政治学
髙木 裕子 教授 言語教育学、教育工学、情報科学
山下 早代子 教授 応用言語学、社会言語学、異文化間比較語用論、第二言語習得理論、英語教育学
斎藤 明 准教授 マーケティング
篠﨑 香織 准教授 経営学(戦略論・組織論)
蒋 飛鴻 准教授 会計学
高橋 意智郎 准教授 国際ビジネス研究
企業が国境を超えることに伴う諸問題を解明することを試みる研究分野であり、経済学、経営学、社会学、マーケティング論、商学、文化論、史学など様々な学問の理論、概念、研究方法を適用しています。